メイン

Fino アーカイブ

2011年08月29日

Fino~上質な暮らし~素材とライフスタイルからはじまる家づくり

  
こんにちはハスカーサ 設計担当の斉藤です。

ポルトガル語で『上質な、洗練された』という意味のFino。
優しい色合いの陶器瓦、アーチを描く玄関ドア、真っ白な漆喰調の外壁
テラコッタの風合いのポーチタイル、無垢材のドアとフローリング。
素材の持つイメージから導きだされるお客様の理想の暮らし。
 
ハスカーサ フィーノの標準仕様画像
おうちカフェやリビングガーデン。自然素材にホームベーカリー
手作り梅ジュース、ホームパーティ、
自家焙煎のコーヒーにラタンのバスケット
   
『好きなモノ』ってなんですか?
『やりたいコト』ってなんですか?
お客様から頂いたキーワードから
ハスカーサが暮らしかたをご提案致します。
いっしょに上質な暮らしを実現しませんか。
  
暮らしかたに正解なんてありません。
人それぞれにきっと暮らしのこだわりがあります。
次回からはハスカーサの考える『上質な暮らし』をご紹介していきます。
Fino(フィーノ)にご興味のある方は是非参考にして下さい。 

次回のテーマは『おうちカフェ』 
おうちカフェに必須のアイテムって何でしょうか。
    
Fino(フィーノ)の商品概要はこちらです。 
Fino(フィーノ)の雰囲気がよく分かる 流山展示場 にも
是非ご来場下さい。


『Fino~おうちカフェ~』へ


2011年09月12日

Fino~上質な暮らし~『おうちカフェ』

こんにちはハスカーサ 設計担当の斉藤です。

今回からは、ハスカーサの考える
Fino(フィーノ)な暮らしや商品のご紹介。
予告通り、今回のテーマは『おうちカフェ』

Finoな『おうちカフェ』空間の必須アイテム

私がおすすめするのは
素材にこだわったゆったり大きなダイニングテーブルです。
まずは実例のご紹介。 

ロートアイアンの階段手すり、アクセントになるモザイクタイル、パイン材の無垢のフロアやダイニングテーブル。素材選びにこだわりました。  
      吹抜けのあるおうちカフェ風ダイニング

ロートアイアンの階段手すり、
キッチンカウンターのモザイクタイル。
パイン材のフロアーやカウンター。
そして素材感たっぷりのダイニングテーブル。

お客様とハスカーサが素材にこだわって創り上げたFinoな空間です。
 
Fino(フィーノ)なおうちカフェ空間に
おすすめのダイニングテーブルをもう一つご紹介。
ハスカーサ インテリア担当の福田セレクトです。

 
 国産家具メーカー レグナテックのマーノ
国産家具メーカー レグナテックのマーノ です。

樹種はアルダーでFino(フィーノ)でご提案する
無垢のフローリングと相性ぴったり。
サイズも文句なしのW:2000、6人掛けでもゆったりです。

さらに嬉しいポイントは天板の下の引き出しです。
天板の上はいつもすっきり片付いて、
いつでも『おうちカフェ』、開店できますね。

あとはお好みでアレンジを加えていきましょう。
Finoイメージフォト
どんな食器を用意しようか、
テーブルを照らす照明はどれにしようか、
『おうちカフェ』までのアプローチにちょっとしたアクセントがほしい…etc

みんなが集まりくつろげるこだわりの空間、『おうちカフェ』
そこで暮らす家族にとってもきっと最高の団欒スペースですよね。
こだわりの『おうちカフェ』を是非
ハスカーサのFino(フィーノ)で実現してみませんか。
ハスカーサスタッフも評判のカフェを巡ってこだわり収集してますよ。
スタッフのカフェ探訪記もご覧ください。

Finoにぴったりのダイニングテーブルは
ポラスグループのショールーム
住まいのコンシェルジュでもご覧頂けます。

Fino(フィーノ)にぴったりのインテリアがそろった
流山展示場、新越谷展示場にも是非、ご来場下さい。

ハスカーサでは家具やインテリアも
お客様のご要望に合わせてトータルでご提案しています。
ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

次回のテーマは『ミニギャラリー』
飾っておきたい写真や作品ってありませんか?

『HaS casa 実例』 へ 
Fino 実例・施工例アップされました!

HaS casa TOP へ

2011年09月26日

Fino~上質な暮らし~『ミニギャラリー』

こんにちは ハスカーサ 設計担当の斉藤です。

お気に入りの雑貨、子供たちの作品、ちょっと飾っておけるスペースって必要ですよね。素材感あふれる無垢のフローリングや建具、スペインや南仏の村はずれにありそうな瓦屋根と漆喰調の外壁とアーチをもった外廊下。素材にこだわるHaS casa(ハスカーサ)のFino(フィーノ)でギャラリーのある家づくりをしてみませんか。展示場でお待ちしております。オープンハウス情報も随時紹介!

 みなさんは飾っておきたい作品や
 お気に入りのアイテム、
 自慢のコレクションはお持ちですか?

 先日、ふと目にした
 我が家の息子の落書 きに
 芸術を感じてしまった私…。

 「うちの子、天才かも…。」

 うまくトリミングして額に入れて、
 さあ飾ろうと思ったのですが、
 困ったことに飾る場所がないんです。

 あぁ残念…。


現在、計画進行中の我が家に
ちょっとしたディスプレイの出来る空間
『ミニギャラリー』を追加です。

今回の傑作はそれまで大切にしまっておくことにしました。
未来の私はその価値を忘れて、
ゴミにしてしまう恐れはありますが…。

さて、今回のFino(フィーノ)ブログのテーマは

『ミニギャラリー』

比較的コストを掛けずに
効果の高い空間が実現できるので
どなたにもおすすめのプランニング時の要素の一つです。

ご提案時に私達がまず考えるのは

ゆったりとした壁面を用意すること。

例えば、玄関ホールからリビングまでにある少し長めの廊下も
ドアの位置やスイッチの配置などを工夫して、
お気に入りのドローイングやポスターを飾れるスペースを設ければ
お客様を迎える立派なギャラリーになります。


ミニギャラリーのイメージフォト(ハスカーサのフィーノな実例提案)
カウンターや棚を設けるスペースがあれば
皆がくつろぐダイニングやリビングの脇に設ける
『ミニギャラリー』もおすすめの空間です。

リキュール類のボトルを並べて

”バーラウンジ風”

お気に入りの雑貨やミニグリーンを並べて

”カフェスタイル”

思い出の写真や子供たちの作品を並べた

”○○家のプライベートなギャラリー”

お客様のライフスタイルによって『ミニギャラリー』もそれぞれです。

少しアクセントがほしいときは、
間接照明を設けたり、
壁面にビビットなクロスも効果的です。

Fino(フィーノ)的におすすめしたいのは、
素材感たっぷりのモザイクタイル。

モザイクタイルイメージ Finoにおすすめのアクセント

ディスプレイしたいものとの相性を考えて
あれこれ素材を選ぶ打合せは、
お客様にも私達にもとても楽しい時間です。

ご新居計画中の方はハスカーサで『ミニギャラリー』開設しましょう!
住まう家族の個性を生かしたギャラリースペースは
そこを訪れる人にとってもきっと魅力的な空間となるはずですよ。

HaS casa(ハスカーサ)の展示場
多くのギャラリー的な要素を散りばめております。
ご来場お待ちしております。

次回は明るさ溢れる『吹抜け』空間、空が見える窓っていいですよね。


前回『Fino~おうちカフェ~』へ          次回『Fino~吹抜け空間~』へ


『HaS casa 実例』
Fino 実例・施工例 紹介しています!

南欧の太陽のように明るいぬくもりにあふれた
『Fino(フィーノ)』商品概要へ

HaS casa TOP へ

 

2011年10月18日

Fino~上質な暮らし~『吹き抜けのある暮らし』

吹き抜けを見上げると窓から空が見える生活はどうですか?トップライトやハイサイドライトは明るさを確保するだけではありません。雪や雨、雲の流れ、月や星、人は今でも自然と共に生きています。生活の中心のリビングに移りゆく季節を取り込みましょう。

『AM6:30…
吹抜けの窓から差し込む朝の光…。
朝食の仕度をしながら
2階の寝室の子供たちの気配を伺う妻。
「そろそろ起こしてきて…。」
「最近、起きないんだよ、なかなか…。」
いつもの変わらない朝の会話。
視線を上げたままの妻に気づき、
私もつられて窓をみて、
空の高さに気づきました。もう秋ですね…。 』

という感じになるんだよ!

吹抜けをつくりたい私は
寒くなりそうで嫌だという妻を説得中です。

ハスカーサの設計担当の斉藤です。

明るさや自然の通気を考える際、吹抜けは大変有効。
でも、寒くなりそうだと気にされる方多いですよね。
吹抜けのあるリビングやダイニングは
寒さ対策も忘れてはいけませんよね。

みなさんもご存知だと思いますが
おすすめの対策は

”足元から輻射熱で暖まる床暖房!”

Finoでは床暖房対応の無垢フローリングを
標準採用しているので
従来は提案のネックとなっていた
無垢フローリングと吹抜け&床暖房の相性問題も解決済みです。

”蒸す”というひと手間を加えて
「割れ」「反り」といった素材のデメリットをカバーした
”動かない無垢フローリング”オークチューリップ 優れものです!

床暖房対応の寸法安定性に優れたプレーリーホームズの無垢フローリングです。

色のバリエーションも楽しめて
インテリアをあれこれ考えるのも楽しい時間ですよ。

床暖房で足元をしっかり暖めたら、
シーリングファンで空気の流れを調整し、
家全体の断熱性能を高めることで環境はだいぶ変わります。
部屋ごとの暖房から空間全体の暖房へ発想の転換です。

それでも寒さが心配な方はあったかインナーを用意しましょう。

お客様の生活のスタイルも家づくりには重要な要素。
どんな生活をしたいか、しているかによって提案も変わります。

吹抜けがあることで生まれる暮らし方。

イメージが浮かんで来る方は是非取り入れましょう。
ここで少しハスカーサの吹抜け空間実例を紹介。

ハスカーサの吹き抜け空間の実例です。

明るさ溢れる吹き抜けのメリットが伝わりましたか?

隣地が近くても1階から見上げる角度になると
見えるのは空だけという窓が計画できるんです。

吹抜け上の電動トップライトも特におすすめ。

空が見えないことはまずないし、
風も抜けるし、リモコン操作が便利です。

寒さというデメリット対策をしっかりして

”明るい空間” ”心地よい通風” ”空を眺める窓”

吹抜けのメリットを手に入れましょう。

吹抜けにある大きな窓は、
家の外と内をつなぎ、
季節や時間の流れを生活に取り入れる効果があると
私は考えています。

興味のある方は是非、お声かけ下さい。

寒がりな方もお待ちしております。
一緒に対策考えましょう。

暑がりな方は吹抜けを通りぬける自然の風を想像してください。
気持ちがよくなってきませんか?

吹き抜けのあるハスカーサの展示場は こちらから
お問い合わせは こちらから 


前回『Fino~ミニギャラリー~』へ         次回『Fino~アーチに魅せられて~』へ


『HaS casa 実例』
Fino 実例・施工例 紹介しています!

南欧の太陽のように明るいぬくもりにあふれた
『Fino(フィーノ)』商品概要へ

HaS casa TOP へ

2011年11月20日

Fino~上質な暮らし~『アーチに魅せられて』

草加市 隠れ家的 イタリアンレストラン ステッラポラーレ 素敵なアーチがありますよ。

アーチの向こう側には何があるのだろう。
近づくとどんな景色が見えるのだろう。

トンネルの入り口。
隠れ家的なレストランのエントランス。

なんだかしれないけど、わくわくしてしまう。
私はアーチに魅せられてます。

こんにちは、ハスカーサの斉藤です。

今日もFino(上質な)暮らしと素材を提案致します。

お伝えしたいことはいっぱいあるけれど、
どれにしたものかと迷っている間に
少し間が空いてしまいました。

私の迷いをきれいさっぱり取り去ってくれたのは
11/19(土)の『出没!アド街ック天国』で紹介された
埼玉県草加市にあるイタリアンレストランでした。


イタリアの片田舎を思わせるレンガの館。
週末のランチタイムには生演奏のサービス
草加にお住まいのマダムが優雅なランチを楽しみに訪れます。

『リストランテ・ステッラポラーレ』

レストランの入り口には素敵なアーチがありました。

そんなわけで…

今回のテーマは『アーチに魅せられて』 

ハスカーサのFinoでは
私のようにアーチに魅せられてしまうお客様のために
エントランスにアーチを標準採用。

ハスカーサのデザイナーが素敵なアーチを描きます。

ハスカーサのデザインしたアーチをご覧ください。  

エントランスのアーチだけでなく、
リビングや寝室にもアーチは効果的。
自然と視線が集まるコーナーになりますよね。

今回は、アーチと合わせてもうひとつFino厳選のアイテムを
ご紹介。

アーチの下がり壁とぴったりの
Rを描く玄関ドア”ナチュレ アール”です。

アールドアのつくる新しいファサード、アールを抜けてどこへ行こう。  

エントランスと玄関ドアの柔らかなアーチは
ハスカーサの提案するFinoな外観をかたちづくります。
もちろん標準採用です。

「こんな家に住みたい…。」

「こんなことをしてみたい…。」

お客様の新しい暮らしのイメージが
湧き出てくるような素材をセレクトして提案していくこと。
ハスカーサのFinoのコンセプトのひとつです。

”ナチュレ アール”は まさに作り手のこだわりの詰まった良品です。

アールを抜けてどこへ行こう   
              ”アールを抜けてどこに行こう…。”

開発コンセプトもとても素敵です。
是非、下記のHPでご覧下さい。
~【三協立山アルミ】 ナチュレ アール 紹介ページ~

最後に ナチュレ アールに負けない
ハスカーサとっておきのアーチをご紹介。

名付けて 『風のアーチ』

新越谷展示場 風のアーチ

アーチに魅せられてるあなたも
私のつたない紹介でアーチに興味を持ってしまったあなたも
ハスカーサの展示場で『風のアーチ』と一緒にお待ちしています。

アーチのあるハスカーサの展示場は こちらから
アーチがおすすめの展示場紹介BLOGもおすすめです。

お問い合わせは こちらから


前回『Fino~吹抜けのある暮らし~』へ         次回『Fino~瓦屋根の景色~』へ


『HaS casa 実例』
Fino 実例・施工例 紹介しています!

南欧の太陽のように明るいぬくもりにあふれた
『Fino(フィーノ)』商品概要へ

HaS casa TOP へ

 

2012年01月23日

Fino~上質な暮らし~『瓦屋根の景色』

古くから世界各地にその土地にあった素材と形の瓦で作られた瓦屋根の風景が存在します。  

スペイン ミハスや
フランス プロヴァンス地方の
明るい色調の瓦屋根の街並み、
由緒ある城下町の瓦屋根、
漆喰瓦とシーサーと青い空
世界各国に魅力的な瓦屋根の景色が存在します。

古くからある素材だからでしょうか、
ただいま…とつい言いたくなるような、
懐かしさと優しさのある風景が瓦屋根の街並みにはありませんか?

こんにちは
ハスカーサ 設計担当の 斉藤です。

冬にはぬくもりを、
夏には元気をもらえる家
ハスカーサのFino(フィーノ)の外観と
切っても切れない素材が今回紹介する陶器の瓦。

鶴弥 スーパートライ サンレイ110 ティエラシリーズ

Fino(フィーノ)の南欧風の外観によく似合う
自然で優しい色調を可能にするのは
スパッタリング施釉を施した
ティエラシリーズ3色による混ぜ葺き。

ここで混ぜ葺きパターンをちょっと紹介。

ハスカーサが南欧風注文住宅Fino(フィーノ)で提案する陶器の瓦です。  

ほとんど同じに見えるけど、よく見るとちょっと違う。
統一感はあるけれど、個性は失わないといったところでしょうか。

壁の色と建物のデザインと、
全体のバランスを考えながら混ぜてみる。
お客様とハスカーサ、素材の力と職人の技で
世界でひとつの色合いの屋根つくってみませんか。

世界で一つはちょっと言い過ぎかもしれませんが、
出来上がるのが楽しみですよね。

陶器瓦 スーパートライを
南欧風によく合うという
デザイン上の理由だけでお薦めするのではありません。

1000年以上前から伝わるものですから、
陶器瓦は屋根材として優れていることは歴史が証明しています。

断熱性、通気性、遮音性。

自体が昔から持つ素材としての性能です。

耐震性や経済性はどうなの?
皆さんが気にされるポイントもしっかり対策済。

陶器の釉薬瓦は塗装による着色ではないので再塗装は不要です。
瓦の耐久年数は60年とも言われていますから
長く使って、
経済性も優秀です。

瓦同志の接合部分に工夫を凝らし、
従来の陶器瓦より20%の軽量化を図って耐震性も向上しています。

ハスカーサも納得してのご提案です。

鶴弥さんのHPで性能もしっかり紹介されています。

ぜひご確認ください。

ハスカーサのFino(フィーノ)の瓦屋根の実例、施行例を少しご紹介。

ハスカーサはFino(フィーノ)で懐かしくて、優しくて、温かい、瓦屋根の風景を街角に作っていきたいと考えています。

そこに住む人だけでなく
周囲の人々にも優しい風景を提供できる。
HaS casa(ハスカーサ)がFino(フィーノ)で目指す家づくりです。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
お待ちしております。

南欧の輸入瓦を使用した流山展示場でも
ご来場お待ちしております。

前回『Fino~アーチに魅せられて~』へ         次回『Fino~無垢の手触り~』へ


『HaS casa 実例』
Fino 実例・施工例 紹介しています!

南欧の太陽のように明るいぬくもりにあふれた
『Fino(フィーノ)』商品概要へ

HaS casa TOP へ

2012年04月13日

Fino~上質な暮らし~『無垢の手触り』

こんにちは ハスカーサ 設計担当の斉藤です。

今回は”木”のはなし。

人は皆、木が大好き。

昔から木が好きです。
常に暮らしの側に木がありました…。って
誰でも同じですよね。
なんだかいいなあ…。とか、ほっと一息とか。

木とか樹とか気とか。

今回のテーマは『無垢の手触り』

”木”本来の質感や素材感を楽しめる
Fino標準仕様と暮らしの中のおすすめアイテムを紹介します。

まずは子供が木に親しむには最適な”木のおもちゃ”

 おすすめ木のおもちゃ 素材感のあふれる積み木です。

 ”Cuboro(キュボロ)”

いたってシンプルな
5㎝x5㎝の立方体の積み木です。

他の積み木とちょっと違うのは溝や穴がそこかしこに…。

遊び方はというと…。

   キュボロの遊び方、玉の道つくり、転がれビー玉。

積み木に掘られた溝や穴を組み合わせると
ビー玉を転がすコースができるんです!

某ピタゴラ○○好きにはたまりません。
きっと、大人も子供もスイッチが入って夢中になります。
巷では”玉の道”と呼ばれ、密なブームになっているとか!?

多少傷がついても、角が丸くなっても、
孫の代まで?長く使える”木のおもちゃ”
我が家での実績からも自信をもっておすすめできる逸品です。
是非、手に取ってみてください。 

そんな逸品の積み木にも負けていない
『無垢の手触り』を持つ
Finoおすすめの無垢のドアが

ウッドワンの”ピノアース”

 木に触れると懐かしくなるのはなぜでしょう。

家族が集まるリビングのドアには
温もりのある無垢のドア。
ドアハンドルには木の取っ手。
家族が何度も行き来して、
暮らしの中に馴染んでいきます。

立体感あふれる浮造り仕上げが、
無垢材ならではの風合いと
素肌に優しい柔らかな『手触り』を際立たせます。

生産の過程も採用理由のひとつ
ウッドワンの”ピノアース”は
30年サイクルで管理されたエコな森から創られているんです。

 ニュージーパインの森、FSC認証取得の森

ハスカーサでは
環境マネジメントシステム
ISO14001の認証を取得して、
健康と環境に配慮した家づくりに取り組んでいます。

Finoのおすすめ素材の提案、暮らし方提案もそのひとつ。
積極的にエコな商品と暮らしを提案していきます。

調べてみると
今回のおすすめの逸品
木のおもちゃ”Cuboro(キュボロ)”


無垢の建具”ピノアース”と同じように
環境に配慮して管理された森林から創られていました。

好きなものを集めると共通項って見つかるものですね。

Finoでご提案する

”陶器の瓦”
”テラコッタ調のタイル”
”漆喰調の外壁”
”無垢材のフローリングやドア”

”柔らかなアーチ”
”ギャラリーやカフェ風ダイニングのある暮らし”
”光と風のあふれる吹抜け”

好きだなあ…と感じたら
Finoな家づくりを一緒にやってみませんか?
お問い合わせお待ちしております。

お問い合わせはこちら

ハスカーサの環境マネジメントシステム
ISO14001の取り組みは会社概要でご確認頂けます。

次回テーマは検討中。
Finoな素材と暮らし方、まだまだいっぱいありますよ!



前回『Fino~瓦屋根の風景~』へ         回テーマ検討中


『HaS casa 実例』
Fino 実例・施工例 紹介しています!

南欧の太陽のように明るいぬくもりにあふれた
『Fino(フィーノ)』商品概要へ

HaS casa TOP へ
資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー