メイン

コーディネーター:福田 アーカイブ

2012年02月04日

居心地と経年変化

こんにちは、インテリアコーディネーターの福田です。

 

突然ですが、家は完成した瞬間が1番と思っていませんか?

 

私は、そうは思いません。家も私たちと同じ生き物です。

私たちが日々年をとっていくのと同じように家も日々年をとっていくのです。

 

無垢の床材など、特に住まい手の過ごし方によって変化が異なってきます。大切に毎日使用していても、気候や湿気などの環境によって木がそってきたり、色むらが出ることもあるかもしれません。

2012.2.4-1.jpg 2012.2.4-2.jpg

それを、家族の成長とともに一緒に過ごしてきた家として、プラスにとらえられるかどうかで、素材の変化も楽しめるようになってくると思います。

 

この「経年変化」の持つ美しさや味わい深さを教えてくれたのは、私が会社に入社して最初の上司でした。

 

入社してから多くの完成現場を見てきました。完成現場は、当然ながら生活感もなく、建物がきれいに出来上がっているまででした。

2012.2.4-3%201.jpg 2012.2.4-3%202.jpg 2012.2.4-3%203.jpg

 

そんな中、お客様がご入居されて1年以上経ったお宅へ訪問しインタビューをするという企画がありました。

2012.2.4-4.jpg

そこは分譲地でしたが、完成してから1年経っている姿、景色を見てとても居心地の良い世界が作り上げられていることにびっくりしました。

お客様はご近所さんとバーベキューをされていたり、家の周りの植栽も完成当初より立派に育ち、お手入れされているご様子も伝わってきました。

2012.2.4-5.jpg

お家の中には、お客様のこだわりのある家具や小物が置かれ、建物を作った設計者の意図をはるかに超えて、そのお客様ならではの新しい空間の使い方もされていることが、面白く、嬉しくなりました。

 

例えばそのお宅は、階段下収納があり、小さいお子様のおもちゃを収納する空間として考えて作られていましたが、実際その空間は、収納だけではなくお子様の秘密基地(お子様の小部屋)として使用されていたのです。

2012.2.4-6.jpg

リビングからすぐ目の届く場所にあり、奥様も安心な上、お子様も自分だけの空間にとても満足されているようでした。

 

家づくりには、様々な素材が使用されていてそれぞれに特徴があり長所もあれば、もちろん短所もあります。

 

それは、人間も同じです。

 

良い面も悪い面も一緒に生活をしている家族だからこそ感じられるものです。それには、きっと愛着がわいてくるはずです。長く大切に暮らす家は、家族の一員です。

 

手(愛情)のかけ方は、お客様それぞれです。

お引き渡し後も、お客様のご家族と共に成長し変化していく家を楽しみながらどんどん愛着のわく、あなただけの家へと進化させてください。

2012.2.4-7%201.jpg 2012.2.4-7%202.jpg 2012.2.4-7%203.jpg

完成した時よりも、もっと素敵な家になるはずです。

2013年10月05日

ロハスフェスタ!

ロハスフェスタ

ご無沙汰しております。育児休暇より戻ってまいりました福田です♪

GW明けより職場復帰して、ようやく5ヶ月経ちます。
毎日、仕事と家事と育児を目まぐるしく過ごしております。

 

さて、暑い夏もようやく終わり、初秋の心地良い季節になってきましたね!夏が終わると寂しいと感じる方がいらっしゃいますが、私は全く感じません! むしろ涼しくなってきて、これから冬支度へ進むことにワクワクします。

 

この時期は、とても快適な気候なので、「アウトドア」ですよ!!

 

ということで、先日、光が丘公園で行われたイベント、「ロハスフェスタ」へ行ってきました!! 

01%202013.10.5.png

みなさんロハスってどういう意味かご存知ですか?

LOHAS=Lifestyles Of Health And Sustainabillity

健康や地球環境に配慮したナチュラルなライフスタイルのことです。

 

そんな一人ひとりの生活スタイルが地球の未来を変えていく なんて素敵なことですよね~
子どもが生まれてから、今までの自分の考え方が変わって、未来の子どもたちのためにも、今できることや地球を大切にしなきゃって思うようになりました。

このロハスフェスタは、身近なところから始められるエコ、気軽にできるエコから地球を変えていこうという想いの詰まったイベントでした。

 

2%202013.10.5.png

最高の秋晴れ!!

3%202013.10.5.png 4%202013.10.5.png

入場チケットは木にスタンプが押されたもの!形も大きさもみんな違う、これもエコですね。

そして、このイベントでは食器類は持参するという、まさにエコ!

5%202013.10.5.png

私もばっちり準備して行きました~♪

 

たくさんのお店が出店していましたので、ご紹介できる範囲で載せます。

6%202013.10.5.png 7%202013.10.5.png 8%202013.10.5.png 9%202013.10.5.png 10%202013.10.5.png 11%202013.10.5.png

 

12%202013.10.5.png 14%202013.10.5.png

こちらはブッタナッツという仏様のお顔のようなフォルムにより名付けられた落葉樹コルダーの果実のドライを飾りにしたもの♪

このフォルムに一目ぼれで、迷うことなく購入!(この色違いを購入→我が家の子に仲間入り)

15%202013.10.5.png

こちらは廃油を活用したキャンドルのワークショップ♪
廃油からとは思えないほど、カラフルでかわいいキャンドルたちでした!

この海上では廃油も回収していたり、牛乳パックの回収も行っていて、我が家からも牛乳パックを19枚リサイクルしてきました!

 

そろそろお昼タイム♪ということで、先ほど持参した食器に盛り付けてもらいました!

16%202013.10.5.png

トリッパのトマト煮&カジキマグロのツナサンドはハーフ&ハーフ(左)と、玄米のミネストローネリゾット♪

青空の下で芝生にレジャーシートを広げて、この上ないランチタイムでした。どちらも息子とペロリでした☆

 

お腹も満たされたので、さらに散策してみると、素敵なステンドグラスのフレームたち。

17%202013.10.5.png 18%202013.10.5.png

自分のお家の一部に取り入れたら間違いなく素敵な空間になりそうな、ワクワクアイテムがたくさんありました。

 

19%202013.10.5.png 20%202013.10.5.png 21%202013.10.5.png

ブロカントなランプたち。お家のインテリアのポイントになりそう!

という秋晴れのロハスフェスタのご紹介でした。

 

そして我がHaS casa のHaSは、
Health and Sustainabillity、略すとHealthは「健康」、Sustainabillityは「持続可能」。

住みやすくて長持ちする家、住む人が健康で快適に暮らせるお家をデザインしています♪

秋晴れの休日、みなさんも快適にお過ごしくださーい!

ではまた!


 

ハスカーサのホームページ→HPトップ←こちらをクリック!

ハスカーサの営業によるブログ→営業ブログ←こちらをクリック!

お問い合わせは→お問い合わせフォーム←こちらをクリック!

2016年09月02日

インテリアカラー

こんにちは。
インテリア担当の福田と申します。

HaScasaの建物といえば、欧風デザインです。
欧風デザインの特徴として、瓦屋根やアーチ、装飾など、さまざまな要素が浮かぶと思います。

私は、インテリア担当として【内装】について書きたいと思います。

 
日本では、あまり室内の壁や天井に鮮やかな色を使わない白を基調とした住宅が一般化していると思います。

白は、どんな家具とも合わせやすく、飽きがこない、何より部屋の中が明るく、そして広く感じることが出来る色だからです。
 
もちろん白・・・
私も大好きな色です。

HaScasaの建物も漆喰、塗り壁も白が多く使われ、外壁、内壁ともに大変人気な色として浸透しています。
 
 
0-2016.9.2.jpg
 
 
しかし、それらの理由で内装に白ばかりを使ってしまうと・・・
 
明るく、広くて良いけれど、何か物足りないような、こざっぱりとした雰囲気の家となったりします。 
 
 
 
 
海外では、日本と比べると積極的にインテリアに色を取り入れています。
 
欧風デザインとして、思い切って部屋の一部にアクセントカラーや、部屋全体に色を付けたりしてみると、家の中がぐっと変化して見えます。
 
 
  
 
上の写真はインテリアを担当させて頂きました実邸の施工写真です。
 
下の写真はインテリアを担当しました浦和展示場の写真です。
 
 
どれも、大胆に色を使っていますが、空間としてのインパクトがあり、ご好評いただいており、どちらの色も実邸でご採用いただいております。

 
 
何色を入れようか、自分の家のテーマカラーは何にしようか、迷ってしまうかもしれません。
 
でも、HaScasaには専属のインテリアコーディネーターがいます。
 
私たちと一緒に、世界に1つだけの欧風デザインの家を作りましょう
 
 

2017年02月05日

建築×自然×アートの世界

こんにちは。インテリア担当の福田です。
 
今日は、私がとても感動した建築をご紹介します。
 
 

瀬戸内の海に浮かぶ島【豊島(てしま)】にある豊島美術館です。


建築家:西沢 立衛さんが、アーティスト:内藤 礼さんの作品を常設展示する美術館として建てたものです。

 
 
170203_02.jpg



写真を見ての通り、建物というよりアート作品のような自由曲線のみで造形されています。
 
外と中の概念がなくなり、自然の中に溶け込みやすい地形のカーブにあわせた形をしています。


この地に存在していることが、とても自然であり美しいのです。



中に入ってみると、言葉を失うほどの空間が広がり、作品を見るのではなく、体感するとても不思議で、ぼーっとしてしまう、そんな空気が生まれていました。


まだ訪れたことのない方もいらっしゃると思うので、詳しくは書きませんが、訪れる機会がある方は是非行ってみてください。
 
 
 
170203_01.jpg
 

 
ハスカーサの建物にも曲線アーチが多く登場します。
 
 
 
170203_061.jpg
 
 
170203_07.jpg
 
 
 
私たちにやさしく、自然と調和するデザインであり、そのかたちの美しさを生み出すのが私たちの仕事です。


 
建物は、自然の中にあり、私たちと共に自然の中にいて、生かされているのだと思います。
 
 
 
 
 
 

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年03月20日

インテリア雑貨でワクワク

こんにちは、インテリア担当の福田です。

先日、自由ヶ丘のインテリアショップに行ってきました。

 
自由ヶ丘は家具屋さんなどのインテリアショップが多くて有名な街ですが、その中で、インテリアの小物をたくさん取り扱っているDULTON(ダルトン)というお店をご紹介します。
  
 
駅から徒歩5分で行ける距離にとても素敵な外観が見えます。


20170303-1.jpg

 
この巨大アーチが外観にインパクトを与えていました。
海外の雑貨屋さんのような佇まいに吸い込まれるように入っていきました。  
 
外にも椅子などのインテリア雑貨がありました。

店内は、1階から5フロアほどあり、各階ごとに、面白い雑貨や食器、植栽などが並び、この雑貨を家のどこに置こうか想像しながら歩いてとてもワクワクできる空間でした。
 
 
インテリアで洋書などを飾ったりすることがあると思いますが、洋書なども数多くありました。
本棚に洋書を飾ると、不思議とおしゃれな空間に見えてきます。


20170303-2.jpg
 
 
写真はHaScasaの浦和展示場です。
 
このように洋書を並べるだけも素敵なインテリアになります。  


その他、鉄のフックや、家具の取っ手部分など、自分でカスタマイズできるDIYパーツも充実していて、DIY好きの福田はそこから離れることが出来なくなってしまいました。
 
やはり色々購入しましたが、その中から1つだけ、お見せします。


20170303-3.jpg

 
これ、なんだかわかりますか?

これは、クランプという工具で、ネジをくるくる回して木材などを挟んで固定する道具です。

古いものと、工具が大好きな福田が、迷うことなく購入したものです。(マニアックですみません)
 
 
HaScasaで注文住宅を建てる方、建てた方、インテリアは家づくりで重要な要素です。
 
小物1つで空間が変わります。

ちなみにこちらのDULTONさんは、弊社でも購入出来ますので、建物の打合せと並行にインテリア小物を一緒にローンに組み込んで頂けます。

HaScasaの家づくりは、建物の外観も内観もワクワクしますよ♪

展示場も、5か所あります。
 
 
%E3%80%90%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%A8%E3%80%915%E5%B1%95%E7%A4%BA%E5%A0%B4%E6%A8%AA%E4%B8%A6%E3%81%B3_20170217.jpg
 
 
ワクワクを見つけに是非来てください。
  
 

ハスカーサの展示場はこちら

ハスカーサの実例ページはこちら 

 

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年06月05日

かたちのないもの

こんにちは、インテリア担当の福田です。
 
 
お引渡しをしたお客様のお宅について書きます。
 

インテリアを担当させて頂いて、お客様のご要望を伺いながら空間を作り上げていくお仕事の中で、壁紙・照明・カーテン・置き家具はご予算の中でご提案してご採用いただくことが多いのですが、このお客様はリビングにソファでなく、背もたれクッションを置きたいというご要望を頂きました。
 

 ※この画像は造作ソファです。


背もたれクッションとは、床に直接座り、背中部分がクッション (ソファ代わり)になっているもので、一般的に売られていますが、HaScasaでは取扱いがなく、初めてメーカーへ相談と依頼をして、かたちのないものを作ることにしました。
 

クッションカバーは、カーテンメーカーで椅子張りに使用している生地が、とても素敵だったため、カーテンメーカーに依頼をすることにしました。
 
家具なので、家具屋さんに依頼するべきところでしたが、ファブリック(布)の素材から、カーテンメーカーに依頼をしました。

カーテンメーカーも、依頼を受けたのは初めてですとのことで、クッションの中材サンプルを取り寄せ、自分が実際に背を持たれたとき、どのくらいの角度が心地よいのか、事務所で試行錯誤 (床に座ったり、足をのばしたり、、、)しながら考えました。
 
   
170516-05.jpg

 
この、かたちのないものをデザインして考えるということは、ワクワクしながらも、やはり納品されるまでとても心配でした。

 
そして、迎えた完成立会いの日。
 
 
イメージ通りに仕上がった背もたれクッションが納品されていて、お客様以上に、私が嬉しくてたまりませんでした。

背もたれのクッションの沈み具合も、絶妙で本当に居心地がよく仕上がっていました。
 
 

170516-01.jpg

 

170516-02.jpg

 

170516-03.jpg

 
なかなか、ここまでゼロから考えて作ることが無いので、私にとって貴重な経験となりました。

 
そんな機会を与えて、私に任せてくださったお客様に感謝の気持ちです。


これからも、お客様のご要望に応えること、時には、かたちのないものを作ることで、素敵な空間を作っていきたいと思っています。
 
 
170516-04.jpg
 
 
 



 

ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。

ハスカーサの展示場はこちら

ハスカーサの実例ページはこちら 

 

☆ご好評につき延長☆

今ならWEBから来場予約でギフト券プレゼント!!

 (2017/6/20までの期間限定です)    

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー