メイン

設計:青木 アーカイブ

2014年09月19日

ハスカーサのショールームをご案内いたします

みなさん、こんにちは。ハスカーサ設計の青木です。

 

今回、私の出番が回って来ましたので、何をお伝えしようかと考えていたのですが、

 

いつも私達設計や、営業さんがお客様と打合せをしている場所についてお話しますね。

 

 

場所は、越谷市、南越谷のポラスグループ本社の向かいにあるビルの3階。ここにハスカーサのショールームがあります。

 

『住まいのコンシェルジュ』という名前です。

 

エレーベーターで3階に着くと、その正面に見えてくるのが私達の打合せを している所になります。

 

 

入口は、真っ白な外壁にアーチの壁があり、ハスカーサのイメージとしてとても印象的な感じです。

 

 

1%202014.9.18.jpg 2%202014.9.18.jpg

 

 

入口を通ると、右側にキッチンや造作洗面(既製品の洗面化粧台とは違います。)があり、

 

4%202014.9.18.jpg

 

実際に体感できるようになっています。

 

 

11%202014.9.18.jpg

 

また、その奥にはキッズコーナーがあるので、お子様はそこで遊ぶことができ、お客様も安心し て打合せができるようになっています。

 

 

左側には、フローリングや外壁、屋根材のサンプルがあるので、これを見ながら採用するものを決めていきます。

 

 

5%202014.9.18.jpg 6%202014.9.18.jpg 7%202014.9.18.jpg

 

左奥の方には、実際の大きさでできている屋根・外壁などの模型があるので、とても分かり易いと思います。

 

 

8%202014.9.18.jpg 9%202014.9.18.jpg 10%202014.9.18.jpg

 

その模型の前では、まるで学校の先生のように説明をしている人もいます。私かも・・・。

 

 

打合せのテーブルは6卓ありますが、今回は全て使っていたので、写真が撮れません でした。(機会があれば、今度は打合せしている風景をお伝えします。)

 

 

 

概要的な説明になってしまいましたが、この中で私達は、お客様との打合せを行っています。

 

まずは、ポラスに行こう!ではないですが、まずはハスカーサに行こう!で皆さんとお会いできると良いですね!

 

そしてハスカーサのホームページも、ぜひ行ってみてください。

 

http://www.hascasa.com/

 

今回紹介した住まいのコンシェルジュの紹介ページもありますよ。

 

 

それではまたの機会まで、ごきげんよう。

 

 


 

 

%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

%E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png %E8%B3%87%E6%96%99%E8%AB%8B%E6%B1%82%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

 

 

2015年01月17日

昔ながらの風習を大切に・・・(神棚のサイズとは!!?)

皆さんこんにちは、設計の青木です。

 

新年、明けましておめでようございます。

本年も、よろしくお願い致します。

 

%E9%B3%A5%E5%B1%85.jpg

 

皆さんは、もう初詣に行かれたでしょうか?

 

 

私はまだなので、近々、大宮の氷川神社様へ行ってこようかと思っています。

 

 

 

初詣に行くと、毎年、破魔矢と御札とお守りを買い、破魔矢と御札は、自宅の和室の長押(なげし)の上に祭っておきます。

 

皆さんは、どこかに祭ったりしていますか?

 

 

 

和室のある方は、和室に祭ることが多いと思います。

 

でもハスカーサでご提案する和室は、モダンなデザインが多く、柱や長押といったものは少ないですし、和室自体をつけないという方も増えてきています。

 

 

 

あらためて考えてみると「神様を祭る風習」そのものが、無くなってきているのかな?と感じます。

 

 

 

そんなご時世ですが、昔ながらの風習を大切にしたいというお客様もいらっしゃいますし、要望にあわせて、新築時に形として残すお手伝いをしています。

 

DSC_0323.jpg

 

この写真は、昨年ご自宅を建替えられた方のリビングの一角です。いままでの建物にあった神棚を、

 

 

「新築でも使いたい!」

 

 

というご希望がありましたので、取り外したあと、あく洗いを行ってからリビングに取り付けさせて頂きました。

 

 

 

参考までにですが、、、 

神棚の大きさは、幅:90cmのものが一般的だと思われます。

 

少し大きいものは110cm、もっと大きなものは182cmあります。

 

 

そして110cmのものは1年365日にあやかり、3尺6寸5分(1尺は約30cm)、つまり約110cmになるというわけです!

 

 

さらに・・・・・

 

 

と、ここからは話が長くなりそうなので、ご興味ある方は青木までお声掛けください。

 

 

今年も早くお参りして、ご利益にあやかりたいと思います。そして今年一年、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

 


%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

%E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png %E8%B3%87%E6%96%99%E8%AB%8B%E6%B1%82%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

2016年04月24日

春の風景をご紹介します

皆さん、こんにちは。設計の青木です。

 

今回は皆さんに過ぎ行く春を感じていただこうと、2週間程前になりますが私の家の近所を散策した様子をご紹介したいと思います。

 

1%202016.4.18.jpg

 

近くに川が2本あり、桜も植樹されていて、お花見には、なかなか良いところです。

 

2%202016.4.18.jpg

 

川の両側には、桜が植えられていてます。

 

 

 

3%202016.4.18.jpg

 

幹から花が直接咲いています。

 

 

 

4%202016.4.18.jpg

5%202016.4.18.jpg  

道路の反対側に、サヤエンドウの花が咲いています。

 

 

  

 

綾瀬川沿いの菜の花です。足元には、タンポポが咲いていました。

 

6%202016.4.18.jpg

 

7%202016.4.18.jpg

 

 

 

見ごろは少し過ぎていましたが、きれいでした。

 

9%202016.4.18.jpg 10%202016.4.18.jpg

 

満開のシダレザクラです。

 

 

11%202016.4.18.jpg

最後に、2色の花を付けた桜です。桜の種類は分からないのですが、ご覧下さい。

 

 

 

 

久しぶりに近所を歩いてみると、これらの写真以外にも、シバザクラが咲き始めたのを見たり、街路樹のハナモクレンの白い花を見ることができました。

 

この日は4月に入り天気が良く、約45分の散策でしたが、春をとても感じました。

 

皆さん、いかがでしたか?たまには、ご近所を歩いてみるのも良いものですね。

 

それでは、またお会いしましょう。

 

 


%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png %E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png %E8%B3%87%E6%96%99%E8%AB%8B%E6%B1%82%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

2016年07月18日

【完成現場紹介】K様邸-モダン-

こんにちは。
 
設計の青木です。
今年度、2回目の出番が廻ってきました。
 
 
今回は、最近完成したK様宅を、少しご案内させていただきます。
 
 
敷地の条件は、敷地北側に道路があり南北に長い土地です。東西は隣地の建物があります。南側は、小さな川があり、遊歩道が近いうちにできるそうです。その向こうは、樹木が生い茂っていて、とても住宅街に建っているとは思えないくらい、まるで、山の別荘地のようです。
 


1-1.160715.jpg 2-1.160715.jpg


南側の川(あまり見えませんが)と遊歩道(予定)です。
 
 
 
 
では建物のご紹介に移りたいとおもいます。
 
 
道路からは、スクエアーでシンプルモダンな外観が見えてきます。
 
 
2階の大きな窓と1階の小さな窓(縦3個)が印象的です。
 

3-1.160715.jpg 4-1.160715.jpg
 
 
 
5-1.160715.jpg


玄関ドアは、袖ありでドア自体で風を通すことが出来ます。
ドアの右側にドアと同色の縦格子を付け、落ち着いた雰囲気が出ています。
 


6-1.160715.jpg


玄関を通り、LDKのドアを通ると左側に造作洗面があります。奥の壁はモザイクタイルのようなクロスです。
 
ミラーは、両脇に照明付の物を選びました。なかなかオシャレな雰囲気が出ていますね。

 
 
 
そして、ここを通り左側のタタミコーナーを抜けると南に向いたLDK(キッチンは対面式)があります。
 
 
外観はシンプルで、中はナチュラルなイメージを大切にしています。
 
 
リビングの窓は、全開放サッシ・ワイドオープンを採用されていて、風通しも最高です。


7-1.160715.jpg
8-2.160715.jpg


向かいの樹木が夏の日差しをさえぎってくれています。
住宅街に建っているとは思えないです。
 
 

9-2.160715.jpg


ダイニングのカウンターでお子様達のお勉強ができますね。その左脇には収納があり便利です。

 
LDKの床は、無垢の床材を使っています。さらに温水式の床暖房も敷設してあり、冬はぬくぬくです。(今回はウッドワンのピノアースという床暖房対応の商品を採用しました)

 
 
10-2.160715.jpg


タタミコーナーです。LDKの床から25㎝高くし、腰掛られるようになっています。
 
外壁面は、外壁の色に近いアクセントクロスを貼っていて、落ち着きます。ここでお子様達もお昼寝できますね。

 
 
 
今度は、キッチンです。


11-2.160715.jpg
 
12-2.160715.jpg 13-1.160715.jpg


対面式で、腰壁にニッチを入れ小物を置けます。食器棚はハイカウンタータイプで、横長の窓を取付け、明るさと風が入るようになっています。
 
 
とても清潔感が漂っていますね。

 
 
2階は、プライベートのお部屋が5部屋あり、北側の3部屋は1部屋として使うことができ、ます。将来的に間仕切り壁を作れば、それぞれの個室として使うことができます。



14-1.160715.jpg


道路から見えた、2階の大きなスクエアの窓の室内側です。
イエローのロールスクリーンがとてもきれいですね。
 
 
 
他にも、色々ご案内したいところがありますが、紙面の都合でここまでとさせていただきます。
 

 
 
今回、K様には設計担当として、家造りのお手伝いをさせていただき、本当に感謝しております。この場をお借りして御礼を申し上げます。
 

それでは、皆さん、またお会いしましょう。
 

 

 
 

2017年04月03日

畳について

皆さん、こんにちは。
設計の青木です。
 
久々の登場で、多少緊張気味です。
 

ここ数年、お客様のプランを見ると、和室を見かけることがとても少なくなりました。
 
リビングに続くタタミコーナーは比較的目にしますが、本格的な和室は、ここ数年無かったように思います。このまま和室は無くなるような気がして、少し寂しい気持ちです。
ただ、タタミコーナー的なものは残っていくことでしょうね。
 
 
170327-01.jpg
 
 
そこで今回は、少し畳についてお話ししましょう。
 
 
畳は鎌倉時代くらいから使われ始めたようで、その語源は、『たたむ』ということのようです。普段使いはせず、何か儀式の時に使われたようです。
 
その後、徐々に一般化していきましたが、当時は貴重品のように扱われていたようですね。

部屋の広さで、6畳、8畳、10畳(最近はほとんど見かけなくなりました。)の場合、その敷き方は、下の図のようになります。
 
 
畳の敷き方 
170327-02.jpg
 
 
このあたりは皆さんご存知だと思います。
ここに出入口や押入れ、物入れが付く場合、この敷き方に注意が必要です。
というのは、畳には目があり、この目は畳の短い方に平行になっていますので、畳の目に沿うように動けば、畳の負担が減り痛みにくくなりますね。
これがポイントです。何気なく図面に記載されているようですが、設計者はこのあたりにちょっと気を使っています。(私もです。)
 
 
あと、畳の大きさは、関東地方や関西地方など、地方により異なります。これも結構知っていらっしゃる方がいると思います。
 
関東は「関東間」、関西は「関西間」、という呼び方があり、
関東間は、約1.75m×約88㎝、
関西間は、約1.9m×約95㎝で、関西間の方が大きいです。
 
柱の大きさ、基準とする寸法の取り方で違っているのでしょうか。
 
 
今、弊社で良く使うのが、縁無半帖たたみです。畳の縁が無いのは畳表を多く使うので、その分費用もかかりますが、見た目がきれいな為、お使いになる方が多いです。
 
 
170327-03.jpg
 
 

畳はお手入れが必要になりますが、基本的には自然素材で体にやさしいと思います。
 
ぜひ体にやさしい畳をお使い下さいね。
 

それではこれで失礼します。
 
 
 

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  

 

☆ご好評につき延長☆

今ならWEBから来場予約でプレゼントを差し上げます!!

 (2017/4/20までの期間限定です)  

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年07月11日

【完成現場紹介】I様邸 ~3階建てビルトインガレージ~

皆さん、こんにちは。
 
設計の青木です。
 

今回は、4月末にお引渡しをさせていただいたI様邸をご紹介させていただきます。
 
デザインは三次さんで、私が詳細設計を担当させていただきました。
 
建物の概要をお話ししますと、南西の角地に建つ3階建ての専用住宅で、1階はビルトインガレージとトレーニングスペース、2階はLDKに水回りを配置し、3階は個室があります。
外観は、この写真からお分かりになる通り、シンプルモダンでかっこいい系のデザインです。

170710-1.jpg
 
黒色の外壁に2台分のガレージシャッターの色が印象的です。
また、2階のバルコニーには、電動式のオーニングを付けてあり、今頃の季節から役立っています。

玄関廻りにエントランスポールを設置し、御影石のピンコロをその廻りに配置。そのピンコロと白い玉石がアクセントになっていますね。

170710-2.jpg

玄関ホールを入ると、壁のタイルが印象的です。 (写真左) 

170710-3.jpg 170710-4.jpg

右の写真はホームエレベーターの写真です。お母様のご要望で設置しています。
当たり前ですが、とても楽です。

エレベーターで2階に上がると、落ち着いたシックなLDKの空間が現れます。

170710-5.jpg
 
170710-6.jpg

対面キッチンで、その腰壁とレンジフードが付く壁のLD側は、白のタイルできれいに演出しています。
キッチンの奥には食器類がたくさん入る収納を取付けています。本当に入りますね。

170710-7.jpg
 
フローリングはワンチャンにやさしい、すべりにくいフローリングを採用しています。 

170710-8.jpg
 
LDの壁には、テレビと収納スペース用のリビングボードを取付ています。  
家具を含め、落ち着いた雰囲気が、とても良いですね。
 
 
写真でご覧いただいた通り、外観はシンプルモダンで、室内はシックで落ち着いた空間になっています。とてもかっこよく、素敵な感じになりました。
 
 
皆さん、いかがでしたでしょうか。

この度、ご協力いただいたI様に感謝致します。
それではまたお会いしましょう。
 
 
 

ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  

 

 今ならWEBから来場予約で特典盛りだくさん!!

(2017/10/20までの期間限定です)

来場予約ページはこちら← 

 

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年08月26日

【完成現場紹介】M様邸 ~床の間デザイン~

皆さん、こんにちは。
設計の青木です。

今回は、8月初めにお引渡しをさせていただいたM様邸の一部をご紹介させていただきます。
 
建物の概要をお話ししますと、南西道路に面した敷地に建つ2階建です。1階は、LDK+タタミコーナーとトイレ、シューズクロークで、2階に洗面所・浴室の水回りとご家族皆様の個室があり、中2階収納の上にまた個室があります。
 
竹島さんのデザインで、詳しいことは前回の竹島さんのブログを見ていただいたらと思います。
 
 
私は、その一部のタタミコーナーのデザインをさせていただいたので、そのご紹介です。
M様のご主人が和室にこだわりをお持ちでしたので、私の出番となったような次第です。
 
タタミコーナーの概略は、既に竹島さんがご要望をお聞きしていたので、私は、床の間のデザインのみさせていただきました。
ご要望をお伺いし、そのイメージを手書きのパースにしてみました。

170822-04.jpg


建物のプラン上、床の間とその左の吊押入れの奥行が60cmのため、床の間は畳との段差を付けず、奥行感を出し、吊押入れの高さは、高からず低からずの畳面から約60cmにしました。
 

170822-a01.jpg

 
床柱は、花梨の4寸角(120mm角)で集成材の厚貼りを用いました。花梨を選んだのは、重みを持たせつつ、それで黒檀のような重厚さは出したくなかったためです。
 
床の間上部は通常水平に下がり壁を作り、落とし掛けと呼ぶ材料を入れますが、それだと重くなる感じになってしまうので、あえて落とし掛けを使わず、アーチの下がり壁を取り入れました。奥の壁には、掛け軸が下げられるよう、無双という材料を用いています。
 
また、床の間の天井には掛け軸を照らすようにダウンライトがあり、吊押入れの下のところにも照明を入れ、演出しています。
 
この照明と色合いは、ご主人とコーディネーターさんとの打合せで選ばれています。
 
とても素敵な演出だと思います。
あとは、実際の写真を見て感じていただければと思います。
 

170822-a02.jpg
 
170822-a03.jpg

 
皆さん、いかがでしたでしょうか。
私としては、久しぶりに床柱を使わさせていただき、とても嬉しい限りです。

ご協力いただいたM様ご家族の皆様には、感謝申し上げます。

それでは、またお会いしましょう。 



 
 

ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  


今ならWEBから来場予約で特典盛りだくさん!!

(2017/10/20までの期間限定です)

     展示場来場予約ページはこちら 

 



 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー