メイン

設計:宮里 アーカイブ

2016年10月06日

建築文化の融合

こんにちは!初めまして。設計の宮里です。
  
私の好きな建築史の分野からお話します。
 
 
現在の日本の家は、実に様々なデザインが見られます。
それはお客様(施主)の想い(好みや憧れなど)によって、何通りもの建築物が世に生まれているからです。
 
 

 
 
 
 
HaScasaがフラッグシップモデルとする「Leche」は、漆喰の壁、瓦屋根といった日本の伝統的な素材と、直線スタイルとなめらかなアールやアーチといった西洋的デザインが組み合わさった、まさに、日本と西洋の建築文化の融合です!
 
 
 
 
 
 
日本の建築の歴史は、とても長く興味深いですが、西洋文化が日本に入り始めたところから少しだけ。。
 
 
鎖国に終止符を打った開国後、軍事・工業技術の開発に伴い、お雇い外国人の建築家により、多くの官庁建築が建てられました。
そして彼らから多くの日本の建築家や職人がその技術を学び、影響を受けました。

しかし当時は、洋風の建築を建てたかったが、技術や材料がなくやむを得ず和様折衷になったり、意図的に和風と洋風の要素を折衷してつくった「擬洋風建築」が多く建設されました。
 
それは幕末から明治前期に多く見られ、代表的な「開智学校」は、漆喰や唐破風の和風要素と、洋風な円柱や意匠が印象的なポーチ、バルコニー部分が特徴的です。
 
 
161006_05.jpg  
【開智学校】 
 
 
明治時代にはヨーロッパの本格的な美術的建築を導入し、「三菱一号館」などの煉瓦造の本格的オフィスビルが誕生しました。
 
 
161006_06.jpg  
【三菱一号館】  
 
 
これらの中には、震災や戦災により倒壊し、復元されたものもあります。そこでは、実際に見て、触れて、その当時の歴史や人々の想いを感じることができます。
 
何も知らないとただ通りすぎてしまう街や建物も、それぞれの歴史があり、ひっそりと、そしてたくましく佇んでいます。
 
建築だけでなく、日本らしさや伝統的文化について触れるとき、その間に生まれた文化や、今新しく生まれようとしている外国の文化との融合などにも視点を向けてみていただけたらと思います。
 
 
 
そして、誰にとっても一番身近な建築物が「家」だと思います。
単に「家」といってもその歴史は、、とまた変に熱が入ってしまうので、戻りましょう。。。

HaScasaでもLecheをはじめ、これまでに多くの「家」が生まれてきました。
会社としてはもちろんですが、営業、設計、監督、スタッフといった社員それぞれが、お客様から多くの経験をいただき、成長し、新しいものが生まれていく、といった歴史が育まれています。(少し大それましたね、、、)
 
 

 
そんなHaScasaらしさや歴史に触れていただける手段として、展示場はもちろん、実例として、ハスカーサで建てたお客様の家を拝見できたり、それぞれの建築センスや考えを持つ設計士に直接想いを伝えられる機会などをご用意しておりますので、ぜひお問合せ下さい!!

それでは、続きはまた!
 
 
 
 

2017年02月17日

【建築史シリーズ】第2回 『都市のオフィス街』

こんにちは!設計の宮里です。
 
私の好きな建築史の分野から第2弾です。
 
今回は、都市のオフィス街について。
 

江戸時代が終わり、明治新政府の課題の一つが官庁街の建設と市街地の改造でした。
それは、閉鎖的な城下町を近代都市に相応しい解放された都市にすること。

そんな中、丸の内、京橋、銀座、築地と、現在の都市の中心市街地で大規模な大火が発生し、「都市の不燃化」に向け、動き出しました。
 
具体的には、都市計画では道路や上下水道の改良、公園などを整え、市街地では、東京の中心地域の家屋は瓦などの不燃物を葺くことや、煉瓦造、石造、土蔵のいずれかにするなどが定められました。
 
建築基準法が施行されるずっと昔の明治時代から、このような取組みが始まっていたんですね。
 
 
20170217-02.jpg

 
明治15年には、黒漆喰仕上げの外壁をもつ2階建ての土蔵造りの街並みが、現在の中央区には広がっていました。今では考えられない光景ですね。
 
 
 
 
そして30年後には洋風の目立った外観意匠をもつ商店建築が出現し、階数も2階から3、4階となりました。
 
 
20170217-05.jpg  
 
 
店舗形式も紺暖簾を下げた座売方式から、ショーウィンドーをもつ陳列販売方式へ変わりました。
 
現在の街並みに近くなり、イメージがしやすいのではないでしょうか。
 
 
20170217-06.jpg

 
 
また、オフィスビルは、それまでの縦割りでそれぞれに入り口や階段、設備をもつ長屋形式の建物から、大正から昭和にかけて、RC造やSRC造の建物で、共有の階段やエレベーター、設備をもち、床を区切って貸す形式のオフィスビルが主流になりました。
 
皆様が通勤されているオフィスビルになってきました。
 

20170217-03.jpg


 
はじめは耐火性など最低限の環境を整えるところからでしたが、都市を整え、街並みを計画することで、現在のようなデザイン性にあふれ、自由な建物が多く建てられる都市となりました。

 
今回は、都市のオフィス街を取り上げましたが、住宅も同様に、施主の皆様の好みや個性が溢れる家づくりには、その根本に耐火性や耐震性、断熱性などの性能面が重要です。
 
 


それらも歴史とともに研究が進んだり、外国の文化や技術が入ったりと、今もなお変化しています。
 

皆様が普段通勤しているオフィス街やご近所の住宅街でも、ふと立ち止まって、その街並みを見て、その変化を感じていただけたらと思います。
 

それでは、続きはまた!

  

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年03月26日

沖縄の城(グスク)跡

こんにちは、設計の宮里です。

今回は、昨年訪れた沖縄の城(グスク)跡をご紹介します。

沖縄に行ったら、首里城を訪れたことがある方は多くいらっしゃると思いますが、世界遺産にも登録されている別の城、座喜味城跡をご紹介します。
 
 
最も特徴的なのが、この緩やかな曲線を描く石垣です。

20170224-1.JPG
 

「城の石垣」と聞いて多くの方が想像するのは、
角があり、上にいくほど急勾配になるもので、
一般的に攻めてくる敵から、城を守るためです。
沖縄でも戦があり、同じく城を守るための技術も見られますが、
石垣の形は異なります。
 
また、なぜ曲線を描く形で石垣が作られたか、明確な答えはまだ見つかっていないそうです。

 
-入り口のアーチ門-
 
別の世界へつながる入り口のようでわくわくしますね。

20170224-R2-1.jpg 20170224-R2-3.jpg


アーチ門の先はもちろん別の世界へはつながっていませんでしたが、ある意味私の中では別世界でした。
中に入ると、うねうねとした曲線の石垣が、ぐるりと360度広がります。


20170224-3.JPG
 

建造物には美しい水平や垂直な線、
また曲線などあり、それが設計によって計算されたものだとすると、この石垣は計算されていない、自然がつくりだしたような、でもそこには何か意味があるような、、、
 
同じく設計された人がつくったものなのに、とても不思議で、
心がほぐされるような感覚に包まれました。
  

20170224-R4.jpg 20170224-R4-2.jpg
 
 
そして、その石垣の上を歩くこともできます。
360度眼下に広がる自然もあいまって、歩いているとだんだん足が浮いて、空の上にいるような感覚になります。

おそらくこの感覚をお伝えするのが難しいので、
沖縄に行ったときにはぜひ立ち寄っていただけたらと思います!

 
 
HaScasaの展示場でも、メキシコの水中洞窟セノーテをイメージした加平展示場など、普段の生活では味わえない感覚を楽しめると思います。

加平展示場だけでなく、お客様のお家もそれぞれの好みが随所に出ていて、そのお客様にしかつくれない建物や空間がたくさんあります。
 
 

20170326-10.jpg 20170326-11.jpg

 

20170326-13.jpg 20170326-14.jpg

 

それではまたお会いしましょう!

 

 

ハスカーサの展示場はこちら

ハスカーサの実例ページはこちら 

 

今ならWEBから来場予約でプレゼントを差し上げます!!

 (2017/4/20までの期間限定です)

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年06月13日

東大門デザインプラザ ~韓国ソウル~

こんにちは、設計の宮里です。
 
 
今回は韓国ソウルの東大門デザインプラザをご紹介します。
 
 
建築家は「アンビルトの女王」の異名を持つ、ザハ・ハディッド氏。
「アンビルト」というように、デザインが凄すぎて建てられないと言われますが、新国立競技場もぜひ見てみたかったですね。

 
さて、東大門デザインプラザですが、まずはそのスケール感と形に圧倒されました。
(自分のカメラでは収まりきらなかったのでお借りします。。)
 
 
170615-1.jpg

まるで宇宙船が着陸してる、、と思わず感じました。

 
外部は同一色のアルミパネルで覆われています。
 
170613-1290.jpg


 
彼女の作品は角度によってデザインが変わり、垂直線や水平線で構成される、建築物をハコとしてデザインするという概念ではない建築が多くみられます。
 
東大門デザインプラザも、柱がなく、水の流れのような滑らかな曲線だけで形成されており、一つの建築物なのに、いろいろな表情があって、歩いてるだけで楽しいです。
 
 
170613-1292.jpg
 
170613-1294.jpg
 
170613-1297.jpg
 


 
地下鉄へ通じる内部は、自動ドアやガラス張りまでななめ。
 
170613-1303.jpg
 
170613-1300.jpg


 
トイレへ通じる通路は、平衡感覚を失いそうです笑
 
170613-1311.jpg

 
東大門デザインプラザでも新しい技術が適用されたそうですが、デザインと技術が融合して、一つの建築物が造られているところが素晴らしいですね!

 
今回は時間がなくほんの一部しかザハ氏の建築に触れられませんでしたが、これだけでも楽しめたので、次こそ隈無く見に行こうと思います!
 

皆さんもぜひ一度ザハ氏の建築物を見て、日常では味わえない感覚や楽しさを感じてほしいと思います!

 
それではまたお会いしましょう!
 


 

ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  

 

☆ご好評につき延長☆

今ならWEBから来場予約でギフト券プレゼント!!

 (2017/6/20までの期間限定です)    

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年11月27日

建築見学~奥野ビル~

こんにちは!設計の宮里です。 

 

今回は、銀座にある「奥野ビル」をご紹介します。


場所は銀座一丁目という都心にあります。
時間が少しできたので、何の下調べもせず、ふらっと立ち寄ってみました。

 

まずこの外観。

 

171113-01-1.jpg

 

 

とても渋く、重厚だけどどこか懐かしさを感じるファサード。
隣の大塚家具さんのような近代的なビルでは出せない、深い味が染み出ています。

 


エントランスは、壁と床がタイル貼り。

 

2-20171031.JPG

 

 

一見、官公庁のような冷たい印象を受けますが、タイル1枚1枚は、表情や色合いが異なり、時を経て変わった色や感触がありました。

 

 

3-20171031.JPG

 


中に進むと、小さい居室が各フロアに複数存在し、お店や画廊ごとにリノベーションがされているのか、入口のドアは、デザインや色がそれぞれ異なり、個性を発揮しております。

 

171113-04.jpg 5-20171031.JPG

 

廊下を見ると、、あれ?これは、単純に塗装がはげてコンクリートが見えてます。
なんと、この建物は昭和7年の建築。御年85歳!しかも、現役のビルです!


奥野ビルは、地上7階、地下1階の建物で、今はお店や画廊などが数多く入ったビルですが、建設当時は共同浴場や洗濯場を備える先進的なビルで、民間建築物初のエレベーターを所有した、高級アパートとして、名を馳せていたそうです。

 

 

設計は、関東大震災の復興支援のため設立された団体「同潤会」の建築部長であった、川元良一氏です。
現在、通称「同潤会アパート」は残っていませんが、川元氏が設計した奥野ビルは、日本の建築の歴史や建築家の思想を見られる、貴重な建物と言えます。

 

さて、奥野ビルに戻ります。
階段の手すりは、格式がある形状ですが、多くの人が通行し、触れたのでしょう、触れてみると、優しい木のぬくもりと歴史を感じます。
折り返しのカーブや曲がりに職人技を感じますね。

 

6-20171031.JPG 7-20171031.JPG

 

廊下の天井、壁には、ライフラインの配管や蛍光灯の照明等がむき出しで、無骨な印象を受けますが、今流行りの「インダストリアル」の原型とも言えますね。

 

8-20171031.JPG

 

今回は、ふらっと立ち寄っただけですが、皆さんの身近にもひっそりと名建築があなたを待っているかもしれません。

 

ぜひ、気軽に訪れて、触れて、感じてみてはいかがでしょうか。
それではまた!!

 

 

 

 

ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  



  

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2018年04月30日

【完成現場紹介】S様邸 ~南欧デザイン住宅~

こんにちは。宮里です。
 
以前、営業の欲賀からご紹介がありましたが、南欧デザインのお住まいについて、私からもご紹介させていただきます。
 
 
まず外観は、漆喰の白い壁と、オレンジ色の陶器屋根。
こちらの屋根瓦はフランス製のプロヴァンス瓦です。
 
1枚1枚がとても大きく、一般的な瓦のようなツヤ感はなく、プロヴァンス瓦は天然素材のテラコッタ特有の素材であたたかみを感じられます。

180427-01.jpg

180427-02-1.jpg   
※外構工事中に撮影しました。 
 
 
また、瓦自体の大きな丸みが特徴的で、端部までしっかりと丸みがあるので、全体的にやさしいイメージになります。

門塀は玄関ポーチのアーチと同様にアーチを組み合わせ、タイルは黄色とオレンジと赤を配色しました。

180427-03.jpg
 
やさしくあたたかみのある、けれどかわいらしくなり過ぎない、シンプルなデザイン、というご夫婦のイメージを融合させたデザインにこだわりました。

LDKは、漆喰の塗り壁と無垢フロア。性能とデザインに配慮されています。
 
そして、飾り棚は棚受けの支えがなく、空間をすっきりとさせています。飾り棚は現場の大工さんからの提案で、お客様が気に入り採用されました。
 
180427-04-01.jpg

180427-05.jpg

 
 
ちなみに別のお住まいですが、アンティークなブラケットを棚受けにすると、かわいらしい雰囲気に変わりますね。

20180430-10.jpg

 

 

 


リビングイン階段のスチール手すりのデザインは、お施主様のアイディアで、実はご家族の名前のイニシャルなんです。

180427-07.jpg
 
お施主様のラフデザインから、微調整を加え、鉄工所の職人さんと相談しながら図面に起こし、この世に1つのスチール手すりが完成しました!

まだまだ、お施主様のこだわりをご紹介したいですが、今回はここまで。
 
やさしくあたたかい、けれどかわいらしくなり過ぎず、すっきりとしている、、、
書いている途中で気付きましたが、S様ご家族を形容している表現だと思いました。

S様とはとても楽しいお打合せをさせていただきました。
この場を借りて感謝申し上げます!(^^)!

それでは、またお会いしましょう。

 

ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  

 

WEBから来場予約で商品券2,000円分をプレゼント!  

  (2018/6/20までの期間限定です)

   


  

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2018年06月25日

【完成現場紹介】S様邸 ~平屋の和風住宅~

こんにちは。宮里です。
今回は、平屋の和風住宅をご紹介します。

建物の外観は、お伺いした日が豪雨のため、撮影できませんでしたので、次の機会に。
 
中へ入ると、まず感じるのが、懐しい香り。
その正体は、奥にある、和室の畳や、障子、建具に使われている、白木の香りでした。(どんなに技術が発展していても、香りを皆様にお伝えできないのが、非常に残念です。。) 
 
180622-02.jpg
 
昔の日本住宅では当たり前のようにあった和室の続き間ですが、今では新築でなかなか見る機会がありませんね。
 
 
180622-03.jpg
 
壁紙はクロスですが、襖や床の間、天井などを和室材で仕上げると、和風の趣がでて、どこかほっとする空間になりますね。  
 
180622-04.jpg
 
 
 
その和室の障子をあけると、奥行きのある広縁があります。

180622-05.jpg
 
昔の住宅ではよく縁側があり、日向ぼっこをしたり、ご近所さんが集まって井戸端会議がされたり、、などが思い浮かぶと思います。

 
最近では、お庭やインナーバルコニーにウッドデッキやタイルを設置して、限られた空間の中で、中と外との境界をあいまいにし、奥行きのある空間とする手法もありますね。
   
180622-06.jpg 180622-07.jpg
 
 
 
こちらの建物も、和室の続き間の先に、お庭があります。
 
180622-08.jpg
 
建替前にもともと植えていた植栽を一部残し、お客様がこれから手入れされるとのことでしたが、和室に座ってお庭を眺めると、旅館に来たような気分でした。


今回はここまで。
 
この場を借りて、素敵な家づくりに携わらせていただいた、S様に感謝申し上げます。

それではまたお会いしましょう。

 


 

今ならWEBから来場予約で

商品券2,000円分をプレゼント!  

  (2018/8/20までの期間限定です) 

   

ハスカーサの展示場や施工実例も
ぜひご覧ください。

 

Blog_HP_31jiturei_button.jpg
ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします

 

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

 

2018年08月27日

【完成現場紹介】Y様邸

こんにちは、宮里です。
今回はY様邸のご紹介です。

敷地は旗竿地で、車2台縦列駐車でき、その先に建物があります。
建物の手前には、表札やポストを配置した門塀を設置しました。
建物と同じ外壁色を組み合わせ、建物のミニマム版を作りました。
 
180817-01.jpg
 
180817-02.jpg

敷地は旗竿地ですが、旗部分の南側に隣家とスペースを確保できるため、日当たりは抜群です。
 
中に入ると、1階のフロアはアンティーク調の無垢フロア。
南側からの採光で、日中は電気いらずです。
 
180817-03.jpg
(撮影の仕方が上手くなくすみません)

夏の日差しは太陽高度が高く、またY様邸は2階直上のバルコニーが庇のような役割をしているため、夏はリビングに直射日光を取込みづらくする計画です。

逆に冬は太陽高度が緩くなるため、直射日光がリビングへ広がり、あたたかい設計です。
(企画設計:竹島の自然の原理を活かした手法ですね!)
 
180817-04-%E5%A4%8F.jpg
180817-04-%E5%86%AC.jpg
 

また、壁には、無垢フロア漆喰壁で自然素材ならではの調湿機能で、連日の暑さもこれから来る冬の乾燥も対策バッチリです。
 
無垢フロア漆喰についての記事もありますので、ご覧ください。


リビング横には、小上がりのタタミコーナーがあり、広さは少なくともあるとうれしいですね。
家事の合間にごろんと寝転がって、昼寝が気持ちよさそうです。
 
180817-05.jpg

キッチンからは奥様のご希望で、リビング、タタミコーナーを全て見渡せる間取りに。
 
180817-06.jpg
 
キッチン横のスタディコーナーは、レンガ調クロスと木製ブラインドで、ブルックリンスタイルのシックな仕上がりに。
 
180817-07.jpg

手前のペンダント照明はダイニング用で、リズミカルに遊び心のある空間にマッチしたものをご採用。
 
180817-08.jpg
 
コーディネーター福田とY様で何度もお打合せを重ねてましたね。

コーディネーターとのお打合せでは、壁紙やクッションフロアなどたくさんのサンプルから選びました。

ご夫婦は「冒険しすぎていないか」と心配されておりましたが、そんなことは一切なく、毎日を楽しい気持ちにさせてくれますね!
仕上がりにご夫婦も満足と一安心でした!
 
180817-09.jpg
 
180817-10.jpg

それでは今回はここまで。
 
実はY様邸には、ルーフバルコニーがあり、そこでBBQをやることが夢とのこと。
 
BBQにお呼ばれした際に、そのお写真もご紹介できればと思います。
それでは、またお会いしましょう!!

 


 

今ならWEBから来場予約で

商品券2,000円分をプレゼント!  

  (2018/8/31までの期間限定です) 

   

ハスカーサの展示場や施工実例も
ぜひご覧ください。

 

Blog_HP_31jiturei_button.jpg
ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。
 
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

 

2019年03月14日

【完成現場紹介】T様邸

設計の宮里です。


今回はT様邸をご紹介いたします。


まずは外観です。外装材は2種類のサイディングを貼り分け、重厚感のある仕上がりになりました。

190131-01.jpg

中に入ると、外観と同様に、重厚感のある空間に。
その正体は、、、ご主人様がお選びになった無垢フロアです。

こちらのフロアは、表面がウェーブ加工されており、裸足で歩くと、通常の無垢フロアに+αされた心地よさが感じられます!

また、ウレタン塗装が施されているので、耐傷性、耐水性という機能と同時に、深みのある色合いが出ています。


190131-02.jpg

 

キッチン本体は標準の商品となりますが、リビングから見える食器棚は、奥様のこだわりで、無垢の食器棚です!

本当は、全て無垢のキッチンにしたかったのですが、コスト面との相談で、リビングで寛いでいるときに見える部分は、無垢の食器棚としました。

190131-03.jpg

ダイニングのテーブルとチェアは、お打合せの際にショールームにて気に入っていただいたもので、こちらも無垢のオーク材でできています。
フロアと同様で、年月が経過するごとに味わいが出てくるので、楽しみですね。

リビングに隣接する和室は、障子や襖で構成しており、
天井も実はクロスですが、モダンではない、大壁和室に仕上げました。

リビングに隣接して畳があると、とても落ち着きますよね。


190131-04.jpg 190131-05.jpg

 洗面所には、可動棚の下にパイプを2本設置し、バスマットやバスタオルがかけられるよう、 計画しました。

190131-06.jpg

照明やクロスなど、コーディネーターと打合せをして、ご希望を取り入れつつ、コストが上がりすぎないよう、バランスよく、それでいて空間として、きれいに仕上がりました。

 

お客様のご要望とコスト面との調整は、私ども設計とインテリアコーディネーターが検討するのはもちろんですが、T様(お客様)の寛大なご決断も重要になりました。

T様とは何度もお打合せをさせていただきましたが、いつも楽しいお打合せをさせていただきました!


ご夫婦とも、いつも笑いあっていて、私にとって
とても憧れのご夫婦でした!
この場を借りまして、お礼申し上げます。

それでは今回はここまで。
それでは、またお会いしましょう!!




ハスカーサの展示場や施工実例も
ぜひご覧ください。

展示場/ショールーム   STAFF BLOG HaS-rogo_601.jpg


ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。



にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー