« 2014年02月 | メイン | 2014年07月 »

2014年03月 アーカイブ

2014年03月01日

住宅のトイレ設計

お久しぶりです。ハスカーサ設計の三次です。

今回は過去に設計した介護住宅を紹介したいと思います。

介護住宅”トイレ”編です。

 

トイレの設計について注意するのは、使用者がどの程度自分でできるのかと、介護はどの位必要なのかを見極めることです。

肉体的な不自由、負担になることのヒアリングを十分に行います。

実際の施工例でみてみます。
今回設計したのは、半身が若干不自由な方と、ご高齢のお母様が住むお宅です。
同じ敷地にご家族の家もあるため、介護の手もありますが、基本的にはご自身の力だけで生活していく事を希望されていました。

 

1%202014.3.1.jpg

まず目をひくのはそのOPENさでしょうか。

介護し易いように周囲のスペースがひらけています。
もちろん自立して使用もしますのでちゃんと仕切れる仕組みです。
公共施設などでも見かけるトイレの大きさに近いですね。

介護の状態に合わせて仕切りが変更できるようにしてありますが、開放度の調整具合も考慮が必要です。

 

2%202014.3.1.jpg 3%202014.3.1.jpg

続いては便器座って左右と正面の手摺です。

左右の手摺は立ち上がるときの補助で座って左の手摺は介護時に上にあげることができるようになっています。

こちらはよく見かける手摺だと思いますが、正面の手摺はちょっと珍しいかなと思います。実はこちらは

①歩行補助

②アコーディオン開閉

③スリッパ履き替え時用

と多用途の補助手摺です。
普段何気ない②と③の行動は、以外にも体が不安定になったりすることが多く、バランスを保つための補助計画があるだけでより安全になります。

 

そしてもうひとつ、パッと見はわからないのですが、便座の高さが一般のトイレより高くなっています。

これも立ち上がりを考慮したもので、深く膝が曲がってしまうと負担が大きくなるので、一般的なトイレより2センチ程度高く作られ、膝が曲がり過ぎないようにできています。

 

 

普段何気無く使っているトイレだからこそ、不自由な方にも使いやすいものはどんなものなのか、よく考え、調べて設計する必要があります。

今はまだ必要ない、そんな方が多いと思いますが、いずれ役に立つときがあるかもしれません。参考までに。

 


 

ハスカーサのホームページ→ホームぺージトップ←こちらをクリック!

ハスカーサの営業によるブログ→営業ブログ←こちらをクリック!

お問い合わせは→お問い合わせフォーム←こちらをクリック!

2014年03月03日

省CO2のシンポジウムで講演しました。

省CO2のシンポジウムで講演しました。

こんにちは。ハスカーサの小原です。

平成26年2月14日に 東京都文京区後楽の、すまいるホールにて、 「第13回 住宅・建築物の省CO2 シンポジウム」が開催され、弊社ハスカーサ設計課のマネージャーである小林が、 講演を行いました。

今回の講演に当って、ハスカーサの省エネ住宅が 国土交通省において省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトである 平成21年度の「住宅・建築物省CO2先導事業」にて採択されたため、 今回はその結果報告という運びとなりました。

その際の写真はこちらです。

(すみません。これしかうまく撮れていませんでした... (ノД`)・゜・。 )

20140302-1.jpg

写真右は株式会社ポラス暮し科学研究所の松岡大介、写真左は弊社ハスカーサ設計課の小林久人になります。

株式会社ポラス暮し科学研究所と弊社の共同プロジェクトでした。

その名も、「ポラスの超CO2削減サポートプロジェクト

内容を簡単に説明しますと、

「断熱・開口性能の強化、太陽熱蓄熱利用、通風設計などを実施する住宅の普及プロジェクトで、 太陽光発電で必要エネルギーの相殺を図り、さらなるCO2排出削減を目指す。 また、省エネナビ等の設置で、住まい手の意識を高めるとともに、 データを収集して省エネアドバイスを行う。」 という内容でした。

20140302-2.jpg

当日の講演資料です。表紙のみです。

平成20年度よりスタートした、「住宅・建築物省CO2先導事業」では 年2回の計12回の募集がありましたが、注文住宅の提案ではこれまでに数件しか、採択されていません。

それだけ採択されることが難しく、価値のある助成事業なのです。

今となっては当たり前のスマートハウスですが、採択当時の平成21年では時代を先駆けていたと (自賛になってしまいますが、)そう思います。 また、国土交通省から採択された理由もそこにあると思います。

そして、現在商品ラインナップにあるLeche・Finoなどの商品に 標準設定されている超高断熱ツーバイシックス工法

20140302-3.jpg

そこから超高断熱だけでなく、ハスカーサオリジナル全館調湿工法とPM2.5対応全熱交換換気を加え、 更に進化させ、今まさに時代を先駆けている、健康住宅であるグローバルデザインシリーズ。(また少し自賛入ってしまいました...) 20140302-4.jpg

時代の流れにそって、性能を進化させてきたからこそ、今があるわけです。

ご興味ある方はぜひこちらからお問合せください。資料をお送りいたします。

 


ハスカーサのホームページ
→HPトップ←こちらをクリック!

ハスカーサの営業によるブログ→営業ブログ←こちらをクリック!

お問い合わせは→お問い合わせフォーム←こちらをクリック!

資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー