« 2015年01月 | メイン | 2015年03月 »

2015年02月 アーカイブ

2015年02月06日

【設計相談会でわかる】新越谷展示場に咲く“一輪のバラ”の秘密・・・

皆さんこんにちは。設計の浅井です。

 

立春を過ぎましたがまだまだ寒く日が続きますが、皆さんお元気ですか?

 

 

 

寒くはありますが、晴れた冬の日は空気が澄んで空の色がきれいです。

 

 

 

そんな日は、ハスカーサ新越谷展示場『Leche Mykonos(レチェミコノス)』の屋上庭園へいらしてください。

 

澄んだ空のブルーに漆喰の白のコントラストがとても美しいですよ!

 

20150206.1.jpg

 

エーゲ海のミコノス島の集落をテーマに設計した『Leche Mykonos(レチェミコノス)』の屋上庭園には、実はもう一つイメー ジソースがあるんです。

 

 

 

ずばり「クラリスの庭」です...

 

 

 

って訳わからないですよね???

 

 

 

クラリスとは、宮崎駿監督の初の長編作品である映画「カリオストロの 城」の「あの」クラリスです。

 

 

作中で描かれた主を失い少しずつ自然に帰ろうとしている大公殿下の館(クラリスの実家)のあの美しくて、ちょっともの悲しいなの雰囲気を再現してみました。

 

 

 

うまく表現できているかは実際の展示場でお確かめください。

 

 

 

その屋上庭園には一輪のバラがひっそりとたたずんでいます

 

20150206.2.jpg

 

 

このバラにも、実は隠されたテーマがあるのですが...

 

 

 

こちらは来る2月14日のバレンタインデーに、ハスカーサのシュールームにて開催される「設計相談会」にいらして私にお尋ねください!

 

 

→→→設計相談会の詳細はこちらから←←←

 

 

皆様のお越しを心からお待ちしています。

 

 


 

【予約制】一級建築士と話せる住宅設計相談会

 

毎回大好評を頂いております「設計相談会」を、2015/2/14に開催致します!

 

住宅設計のポイントをお伝えしながら、お客様の本当にこだわりたいポイントを導き出し、それを実現させるためのデザインやアイディアをご提供します。

 

 

詳しくは、下の画像をクリックしてみてください♪

 

20150206.3.jpg

 

社員一同、心よりお待ちしております♪

 


%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

%E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png %E8%B3%87%E6%96%99%E8%AB%8B%E6%B1%82%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

2015年02月12日

設計相談会での「相談事例」

こんにちは。

立春とは名ばかりの寒さが続きますが、皆様お元気でしょうか?

 

設計の竹島 巳也広(タケシマ ミチヒロ)と申します。

 

 

来る2月14日(土)にハスカーサ一級建築士による、設計相談会を開催致します。

 

1%202015.2.12.jpg

 

色々な方にご参加頂きたいのですが、特にこんな方には「竹島」がお勧めです。

 

 


1、奥様が冷え性で冬場なかなか家事がおっくうになってしまう方。

→超高断熱、高機密住宅の性能と家事導線の使い方を提案します。

 

2、冬場の乾燥がとても辛く、また体調をくずし易い方。

→家の中の壁に秘密があり、乾燥を防ぐ効果がある物を使用しています。冬場でも体感温度が暖かい住宅の提案をします。

 

3、親御さんの土地に建てられる事になったが、敷地の有効な使い方が良く分からない方。

→設計の立場より親御さんの家との関係や建築の法律に照らし合わせてご提案します。一つの敷地に家を二軒立てるのは色々と基準が有りますのでご相談下さい。


 

また、1~3以外にも「計画地を有効に使いたい」という方も、やはり「竹島」がお勧めです。

 

 

 

ここで、設計相談会での相談事例をご紹介したいと思います。

 


お客様は「建替」の計画で、当初は他のメーカーでプランまで提案されていましたが、

 

「いま一つシックリ来ない」

「この土地をもっと有効に使えないものか」

 

と言う相談を持ちかけていただきました。

 

 

しかし、お客様の土地は≪第一種低層住居地域≫のため、高さの制限が非常に厳しい地域で、3階建てはほとんど建てられません。

  

 

ただ、ご要望は

 

「とにかく収納をたくさん欲しい」

「子供の勉強スペースを確保したい」

「後から3つに子供部屋を仕切りたい」

 

という、3階建てでないと収まらない内容でした。

 

 

 

私は収納を含めて2.5階建てなら高さ制限にかからず、空間の有効利用が出来るかもしれないと思い、1階部分に高さ1.4mの収納をつくりその上にスイタディーコーナーを設けて、最上階に主寝室が出来ないかなど、色々検討しました。

 

2%202015.2.12.jpg

 

そして、一番きつかったのは寝室の上にもロフトを取る事でした。

 

3%202015.2.12.jpg

 

お客様と何度も打ち合わせして、

 

1層目=1.4mの収納

2層目=スタディーコーナー

3層目=主寝室

4層目=ロフト

 

という4層構造のプランが完成しました。

 

 

お客様も大変喜ばれ他社よりも金額が高かったのですが、ご注文いただけました。

 

 

ご興味のある方いらっしゃれば実際の住宅もご案内出来ます。

 

≪第一種低層住居地域≫でここまで間取りがとれるのかという事を体感してみてはいかがでしょうか? 



 

 

長々書きましたが、実際に見て感じて頂くことが一番参考になると思いますのでお気軽に問い合わせ下さい。(そして、ぜひ「竹島」をご指名ください。)

 

→→→設計相談会の詳細はこちらから←←←

 

 

 

その土地のポテンシャルを最大限引き出すご提案をさせていただきます。

 

皆様のお越しを心からお待ちしています。 



%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

%E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png %E8%B3%87%E6%96%99%E8%AB%8B%E6%B1%82%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

2015年02月26日

2回目の「DIY」 ~実家帰省編~

こんにちは、構造設計の加賀です。ご無沙汰しております。

今回は、前回の「DIY」に味を占めた私の、新たな「DIY」をお話ししたいと思います。(まさかまさかの、シリーズ化?)

※大好評の≪初めての「DIY」≫はこちらをクリックください。

 

 

それは、先日の冬休み実家に帰省した時の出来事です。

 

家に上がり、和室に入ると、

 

 

私:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

 

かっ、壁に穴が空いている!

 

20150226-1.jpg

 

私:「これ、どうしたの?」

母:「掃除した際に掃除機を思いっ切り壁ぶつけて穴あけちゃった・・・、えへっ。」

 

私:「・・・・・・・えへっ、じゃないし・・・・・・・・。」

 

 

ただしかし、最近「DIY」で調子づいちゃったので補修してあげようと思った私は、

 

 

私:「壁、俺がなおしてあげるよ。」

 

 

実家を出て早二十数年、年に数回の帰省で顔を見せるだけで大した親孝行をしてなかった私にとって、良い機会だと思い、思わず口にしてしまいました。

 

 

 

さて、そうと決まれば早速、私の親友インターネットさんと相談です。

「壁」「補修」のキーワードで検索。

 

 

お~、世の中、壁に穴をあける人結構いるんだなと思いつつ、その中で「補修キット」の検索結果に目が止まる。

 

 

私:「容易に補修できる壁補修キッドなるものがあるんだ!」

 

 

またもや、私の中でこれで行けると根拠のない自信がふつふつとわいてきました。

 

 

私:「ちょっとホームセンターに行ってくるわ!」

 

 

近所のホームセンターに行くと、補修キットが普通に陳列されていました。どこにでもあるんだなと思いつつ、手に取り裏に記載されている注意事項を確認する。

 

 

私:「YES、コンプリート!」

 

 

私の中で完全に補修したイメージが出来ていました。

早速補修キットを購入し、実家に戻りました。

 

 

私:「今はこういう便利なものがあるんだよ!」

 

 

つい、私の悪い癖、「知ったか」が出てしまいます。

 

 

 

早速、壁の補修です。

箱を開け、中身のパテと補修テープを取り出しました。

 

20150226-2.jpg

 

パテを水に念入りに溶かします。

続いて、穴を補修しやすいように穴の周りのボロボロした箇所を取り除き、補修テープを貼ります。

 

20150226-3.jpg

 

これまでは完ぺきです。

続いて水で溶いたパテを塗っていきます。

 

20150226-4.jpg

 

テープにも穴が空いているのでその穴にパテを浸透させて、いい感じに塗って補修できる。イメージは完璧です。

 

 

 

ファーストペインティング開始。

 

 

むむむ...、こっ、これは...。

 

うまく浸透できず、パテが壁の中に入っていかないじゃないか。

どういう事だ!

 

こんなはずじゃない!じゃあなんでテープに穴が空いているの。

意味ないではないか!

 

 

 

もう一度パテを塗る。

これだと壁が周りの壁面よりこんもりしてしまうじゃないか。

 

 

 

・・・しっ失敗だ・・・。私によくあるパターンだ・・・。

 

 

 

そこをなんとかそれらしい見栄えにして、補修をとりあえず完了させました。

 

20150226-5.jpg

 

私:「これで終わりじゃないから、とりあえず穴埋めしたよ。」

母:「なんか周りの壁面より出てない。」

 

私:「そっ、そうですね。」

 

 

なぜか敬語になって、動揺を隠せない私。

 

 

私:「ファーストステップだから、また今度帰省したら、続きをやるよ。それまでこれで我慢してください。」

 

 

と、何とか引き延ばして終えることが出来ました。

再び帰ったらちゃんと補修しないと。

 

それまで新たな補修方法を考えようと思いつつ、正月休みの帰省は終わってしまいました。

 

 

母上、次回リベンジさせて頂きますよ。

 

 

以上がこの冬休み私に起きた出来事であって...。あー、あーーー、あああああー、あ、あ、あ....。実家の冬は寒いです。

 

 

また次回“補修リベンジ編“でお会いしましょう。

 

それではまた!



%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

%E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png %E8%B3%87%E6%96%99%E8%AB%8B%E6%B1%82%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー