« 【建築見学】 | メイン | 【お役立ち情報】インテリアカラー »

【お役立ち情報】プチリフォーム 壁一面に木の板を貼る(素材選定・下地施工編)

約3か月ぶりです。設計の加賀です。
 
今回は自宅の和室のリフォームを紹介したいと思います。
 
 
普段生活するにつれて、部屋の一室に何かアクセントが欲しいという考えが芽生えました。いつしか木という自然の素材感を活かして、温もりを感じるような空間を作ろうと決意しました。
 
どこに何をしようかと考えたときに、自分でやることも勘案して適度なボリュームの箇所をみつけました。リビングに隣接した和室の壁面。ここに木の板を貼っちゃおうと考えました。
 

 

構想2か月重い腰を上げてプチリフォームにとりかかるとこにしました。
 
まずは木の板の選定です。
 
何を貼ろうか考えましたが、基本的にはシンプルでありナチュラルな木材の個性をそのまま活かし、和も感じる木材をと考えたときに杉板にしようと考えました。
 
ネットで調べたところ、いい板を見つけました。足場材として使用していた板です。
 
早速購入しました。パッと見いい感じです・・・がしかし、板厚5mmと薄いのですが、かなり反っています。
 
 
 
 
 
これは職人泣かせですね。
 
職人ではない私にとってはなおさら困難なリフォームになりそうな予感です。
 
ただ買ってしまった以上やるしかありません。
 
逆にこれを無駄にしてはいけないと沸々と闘志が沸いてきました。

つづいて板を貼るにあたり、直にクロスの上から貼るより下地を設けて貼ったほうが、木の板を固定しやすいと思い、下地のベニヤをホームセンターに購入しに行きました。
 
 
 
 
920mm×1830mm、板厚2.5mmと薄いのですが、仕上げに影響しない範囲でこのベニヤを購入することに決めました。上手くいくかとても不安です。
 
自宅に持ち帰り早速釘で留め付けました。下地の位置は設計をしているので熟知しています。
 
まずは無難に貼ることが出来ました。
 
 
良くできました。
 
モチベーションを保っていくのに自分で自分を褒めながらやっていく作戦です。
 
 
 
 
ではとうとう杉板を貼ります。この反った板を何で留め付けようかと考えました。
 
購入先のHPを参考にしながら、とりあえずボンドと両面テープで貼ることにしました。
 
 
 
 
 
なるべく反りのない材を選定してまず1枚目を貼りました。
 
 
 
 
まずまずいい感じに1枚目を貼ることが出来ました。
これまでが今までやってきたことになります。
 
 
これから無数の板材を貼ることになります。かなりの量なので時間がかかりそうです。これから大変だとは思いますが勢いがあるうちに貼ってしまおう思います。
 
 
次回プチリフォーム奮闘・完成編でお会いしましょう。
 
ではまた!

展示場・ショールーム 資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2020年02月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー