« 2017年02月 | メイン | 2017年04月 »

2017年03月 アーカイブ

2017年03月03日

【完成現場紹介】M様邸-モダン-

こんにちは

設計の石引です。

今回は、最近お引渡ししたM様邸をご案内致します。
 
 

170303_01R.jpg

 
外観は白いモダンなデザインで、1階にはシャッター付きのビルトインガレージがあります。
 
  
170303_02.jpg 170303_03.jpg

玄関に入るとまず目に飛び込んでくるのはブルーの鉄骨階段!

ササラ桁をジグザグにカットした、俗にいう「稲妻階段」です。
 

2階に上がると、階段吹抜け廻りもガラス付きの手摺が廻っています。

M様邸には猫ちゃんがいるので、逃げ出さないように手摺デザインに合わせた扉も設置されております。
 


170303_04.jpg

 
リビングは高天井になっていて、南側のバルコニーと繋がって明るく開放的です。

大工さんによる造作TVボードと、壁・天井の木質パネル貼りがアクセントになっています!
 
カッコイイ!
 

170303_05.jpg

 
バルコニーはウッドデッキ敷きで、リビングの床とフラットに繋がっています。さらに、壁は高めに設定しているので、外からの視線を気にせずにくつろげる空間です。
 
広々としていて夏はBBQなども楽しめますね!
 
 

170303_06.jpg 170303_07.jpg
 
 
キッチン背面は3枚引違い戸の収納になっています。
使わないときは扉を閉めれば見た目もスッキリします。

 
今回、担当させて頂いたM様とはお打合せの時から楽しくて、こちらの提案も快く受け入れて頂き、本当に感謝しております。

 
それでは次回また、お会いしましょう。

  
 

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  

 

今ならWEBから来場予約でプレゼントを差し上げます!!

 (2017/3/20までの期間限定です)

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年03月06日

プチリフォーム(DIY)~ 壁一面に木の板を貼る(塗装編その1)~

設計の加賀です。
 
前回に引き続き、和室のDIYについてお話ししたいと思います。
  
前回では壁全面に板を貼ったところまで紹介しました。
みなさん続編を楽しみにしていたでしょうか。
 
今回は壁の塗装編です。
 
無塗装の無垢の杉板に塗装しようと思います。
 
塗装するにあたり、私一個人の意向では実行できないので、一番の障害である妻に相談させていただきました。
 
話をすると妻は現状の塗装していない壁面を気に入っていたみたいで、塗装には反対しました。
完全に想定外です。
 
これではブログが進展しないと思い、これ以外にネタのない私にとってはこの短期間でブログを書くにはこれしかないと思い、必死で説得しました。
 
 
 
「このままでは味気ないから塗装したいのですが…。」
 
「別に塗装する必要ないんじゃない。」
 
「テカテカの塗装じゃなくて、自然な感じでいい感じの塗装をするからさ…。」
 
 
 
塗装材に関して何も知識がないので、漠然とした言い回しでしか反論できませんでした。
 
まずは説得するには塗装材に関する知識を得ないとダメだと思いながらしばらく沈黙は続きました。
 
 
 
「じゃあ、フロアに塗っているワックスをぬってみたらどう?」
 
 
 
それがあったか!
 
塗装の選択にも時間を要しそうな感じだったので、普段使っているワックスであれば、当たり障りなく仕上がりそうです。
この無難なチョイス、都合がいいと思いました。
いいこと言うじゃない。
 
 
 
「よし、それで行きましょう!」
 
 
 
それにしても仕事でも気を使っていて、プライベートでも気を使って休まることがなくストレスが溜まる今日この頃です。

出鼻をくじかれましたが、こちらがワックスです。
 
 
1703006_01.jpg
 
 
グラノスというドイツのリボス社製のワックスです。
普段はフローリングに年に1回ワックスがけをしています。
 
フローリングには無垢の杉板を貼っています。
 
こちらがワックスがけしたフロアになります(4~5回ぐらいワックスがけしています。)。

 
1703006_02.jpg

 
比較して塗装していないフロア(以前ブログで紹介した掘りごたつの蓋です。)と見比べてみると、風合いがありナチュラルなツヤがある仕上がりになっているのがわかります。 
 
 
いいかもしれないと思いながらも、ぶっつけ本番ではなく、まずは余った材に塗って試してみることにします。
 
 
小出し感満載ですが、次回は塗装編その2でお会いしましょう。ではまた!

  
 

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  

 

今ならWEBから来場予約でプレゼントを差し上げます!!

 (2017/3/20までの期間限定です)

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年03月10日

居心地の良い場所

こんにちは、設計の多田です。
 
 
私事ですが、昨年息子が生まれまして、休日は家族でお出掛けするのが日課になっています。
 
ですが・・・、なかなか子ども連れでゆっくりできる場所が少なく、お出掛けする場所に困っていました。
 
そんな悩ましい問題に直面していた私にとても魅力的なメッセージが飛び込んできました・・・!!

 
170306_t01.jpg

 
これは行くしかない!
ということで、日暮里にある「ひぐらしガーデン」さんにお邪魔してきました。
 

170306_t02.jpg
 
170306_t03.jpg

 
『パン屋さん×本屋さん=子育て支援施設』
 
のようなとても温かく居心地の良い時間が流れていました。
パンとコーヒーもおいしくて素敵です。
 
 
ハスカーサのおうちも温かく居心地の良い時間が流れていますので、是非展示場にいらして下さいね!!(おいしいコーヒーもありますよ!!)
 
 
 
  
 

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  

 

今ならWEBから来場予約でプレゼントを差し上げます!!

 (2017/3/20までの期間限定です)

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年03月20日

インテリア雑貨でワクワク

こんにちは、インテリア担当の福田です。

先日、自由ヶ丘のインテリアショップに行ってきました。

 
自由ヶ丘は家具屋さんなどのインテリアショップが多くて有名な街ですが、その中で、インテリアの小物をたくさん取り扱っているDULTON(ダルトン)というお店をご紹介します。
  
 
駅から徒歩5分で行ける距離にとても素敵な外観が見えます。


20170303-1.jpg

 
この巨大アーチが外観にインパクトを与えていました。
海外の雑貨屋さんのような佇まいに吸い込まれるように入っていきました。  
 
外にも椅子などのインテリア雑貨がありました。

店内は、1階から5フロアほどあり、各階ごとに、面白い雑貨や食器、植栽などが並び、この雑貨を家のどこに置こうか想像しながら歩いてとてもワクワクできる空間でした。
 
 
インテリアで洋書などを飾ったりすることがあると思いますが、洋書なども数多くありました。
本棚に洋書を飾ると、不思議とおしゃれな空間に見えてきます。


20170303-2.jpg
 
 
写真はHaScasaの浦和展示場です。
 
このように洋書を並べるだけも素敵なインテリアになります。  


その他、鉄のフックや、家具の取っ手部分など、自分でカスタマイズできるDIYパーツも充実していて、DIY好きの福田はそこから離れることが出来なくなってしまいました。
 
やはり色々購入しましたが、その中から1つだけ、お見せします。


20170303-3.jpg

 
これ、なんだかわかりますか?

これは、クランプという工具で、ネジをくるくる回して木材などを挟んで固定する道具です。

古いものと、工具が大好きな福田が、迷うことなく購入したものです。(マニアックですみません)
 
 
HaScasaで注文住宅を建てる方、建てた方、インテリアは家づくりで重要な要素です。
 
小物1つで空間が変わります。

ちなみにこちらのDULTONさんは、弊社でも購入出来ますので、建物の打合せと並行にインテリア小物を一緒にローンに組み込んで頂けます。

HaScasaの家づくりは、建物の外観も内観もワクワクしますよ♪

展示場も、5か所あります。
 
 
%E3%80%90%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%A8%E3%80%915%E5%B1%95%E7%A4%BA%E5%A0%B4%E6%A8%AA%E4%B8%A6%E3%81%B3_20170217.jpg
 
 
ワクワクを見つけに是非来てください。
  
 

ハスカーサの展示場はこちら

ハスカーサの実例ページはこちら 

 

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年03月26日

沖縄の城(グスク)跡

こんにちは、設計の宮里です。

今回は、昨年訪れた沖縄の城(グスク)跡をご紹介します。

沖縄に行ったら、首里城を訪れたことがある方は多くいらっしゃると思いますが、世界遺産にも登録されている別の城、座喜味城跡をご紹介します。
 
 
最も特徴的なのが、この緩やかな曲線を描く石垣です。

20170224-1.JPG
 

「城の石垣」と聞いて多くの方が想像するのは、
角があり、上にいくほど急勾配になるもので、
一般的に攻めてくる敵から、城を守るためです。
沖縄でも戦があり、同じく城を守るための技術も見られますが、
石垣の形は異なります。
 
また、なぜ曲線を描く形で石垣が作られたか、明確な答えはまだ見つかっていないそうです。

 
-入り口のアーチ門-
 
別の世界へつながる入り口のようでわくわくしますね。

20170224-R2-1.jpg 20170224-R2-3.jpg


アーチ門の先はもちろん別の世界へはつながっていませんでしたが、ある意味私の中では別世界でした。
中に入ると、うねうねとした曲線の石垣が、ぐるりと360度広がります。


20170224-3.JPG
 

建造物には美しい水平や垂直な線、
また曲線などあり、それが設計によって計算されたものだとすると、この石垣は計算されていない、自然がつくりだしたような、でもそこには何か意味があるような、、、
 
同じく設計された人がつくったものなのに、とても不思議で、
心がほぐされるような感覚に包まれました。
  

20170224-R4.jpg 20170224-R4-2.jpg
 
 
そして、その石垣の上を歩くこともできます。
360度眼下に広がる自然もあいまって、歩いているとだんだん足が浮いて、空の上にいるような感覚になります。

おそらくこの感覚をお伝えするのが難しいので、
沖縄に行ったときにはぜひ立ち寄っていただけたらと思います!

 
 
HaScasaの展示場でも、メキシコの水中洞窟セノーテをイメージした加平展示場など、普段の生活では味わえない感覚を楽しめると思います。

加平展示場だけでなく、お客様のお家もそれぞれの好みが随所に出ていて、そのお客様にしかつくれない建物や空間がたくさんあります。
 
 

20170326-10.jpg 20170326-11.jpg

 

20170326-13.jpg 20170326-14.jpg

 

それではまたお会いしましょう!

 

 

ハスカーサの展示場はこちら

ハスカーサの実例ページはこちら 

 

今ならWEBから来場予約でプレゼントを差し上げます!!

 (2017/4/20までの期間限定です)

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー