« 【完成現場紹介】M様邸-モダン- | メイン | 【設計士の日常】インテリア雑貨でワクワク »

【お役立ち情報】プチリフォーム(DIY)~ 壁一面に木の板を貼る(塗装編その1)~

設計の加賀です。
 
前回に引き続き、和室のDIYについてお話ししたいと思います。
  
前回では壁全面に板を貼ったところまで紹介しました。
みなさん続編を楽しみにしていたでしょうか。
 
今回は壁の塗装編です。
 
無塗装の無垢の杉板に塗装しようと思います。
 
塗装するにあたり、私一個人の意向では実行できないので、一番の障害である妻に相談させていただきました。
 
話をすると妻は現状の塗装していない壁面を気に入っていたみたいで、塗装には反対しました。
完全に想定外です。
 
これではブログが進展しないと思い、これ以外にネタのない私にとってはこの短期間でブログを書くにはこれしかないと思い、必死で説得しました。
 
 
 
「このままでは味気ないから塗装したいのですが…。」
 
「別に塗装する必要ないんじゃない。」
 
「テカテカの塗装じゃなくて、自然な感じでいい感じの塗装をするからさ…。」
 
 
 
塗装材に関して何も知識がないので、漠然とした言い回しでしか反論できませんでした。
 
まずは説得するには塗装材に関する知識を得ないとダメだと思いながらしばらく沈黙は続きました。
 
 
 
「じゃあ、フロアに塗っているワックスをぬってみたらどう?」
 
 
 
それがあったか!
 
塗装の選択にも時間を要しそうな感じだったので、普段使っているワックスであれば、当たり障りなく仕上がりそうです。
この無難なチョイス、都合がいいと思いました。
いいこと言うじゃない。
 
 
 
「よし、それで行きましょう!」
 
 
 
それにしても仕事でも気を使っていて、プライベートでも気を使って休まることがなくストレスが溜まる今日この頃です。

出鼻をくじかれましたが、こちらがワックスです。
 
 
1703006_01.jpg
 
 
グラノスというドイツのリボス社製のワックスです。
普段はフローリングに年に1回ワックスがけをしています。
 
フローリングには無垢の杉板を貼っています。
 
こちらがワックスがけしたフロアになります(4~5回ぐらいワックスがけしています。)。

 
1703006_02.jpg

 
比較して塗装していないフロア(以前ブログで紹介した掘りごたつの蓋です。)と見比べてみると、風合いがありナチュラルなツヤがある仕上がりになっているのがわかります。 
 
 
いいかもしれないと思いながらも、ぶっつけ本番ではなく、まずは余った材に塗って試してみることにします。
 
 
小出し感満載ですが、次回は塗装編その2でお会いしましょう。ではまた!

  
 

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  

 

今ならWEBから来場予約でプレゼントを差し上げます!!

 (2017/3/20までの期間限定です)

 


 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

展示場・ショールーム 資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2020年02月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー