« 2017年11月 | メイン | 2018年01月 »

2017年12月 アーカイブ

2017年12月04日

建物予算と敷地調査

皆様 いかがお過ごしでしょうか?
設計の竹島でございます。
 

さて今回は、間取りにについてご説明させて頂きます。
間取りと言っても大雑把過ぎるのでコストについて考えていきます。
 
 
まず、皆さんは建築の総予算についてどんなイメージをお持ちでしょうか?
最初に考えていた予算から大分オーバーした、、、、と言う話は良く聞かれます。最近のお客様は色々勉強されていて、ご存知の方もいらっしゃいますが、
 
 
建物予算は
 
建物建築費+付帯工事費+諸費用=総予算
 
となります。
 
 
最初は坪○○万円だから×○○坪で○○○○万円と思って商談になりますが、付帯工事+諸費用建物価格の1.2~1.3倍位の金額になります。(敷地の状況によって変わります)

仮に2000万円のお家だと総予算2400万円~2600万円位が総予算になってくると思います。 
あくまで一般的な数値であり、建設地の状況によって変動します。
そして敷地の高低差によっても間取りと金額に大きな変動が出てきます。
当初の金額の妥当性を確認する為にも、敷地調査は早めに行う事が大切です。
 
 
171201.jpg

 
 
各ハウスメーカーは間取り提出する際には調査を行っていますが、まれに行わないでプランと見積もりが出てくる会社もあります。
 
建て替えの場合は、調査は地主さんの承諾を頂き易く調査もしやすいですが、土地を購入してから注文住宅を建てる計画の場合は、土地を契約した後でないと調査が出来ないというのが一般的です。

土地をお持ちの方は、最初の段階で敷地調査を行ってプランの計画をしましょう。

調査後に出来上がる敷地現況図があれば、その土地のポテンシャルを最大限に引き出す事が可能であり、お客様の要望が叶うかどうかも判断し易くなります。

HaScasaでは、設計が一邸一邸プランを作りこみご提案させて頂きます。他社さんでプランがしっくりこない、ピンとこないと言う方は、是非お声掛け下さい。ご提案させて頂きたいと思います。
 

長々書いてしまいましたが、一度お会いしてお話を聞かせて頂ければと思います。

今後ともHaScasaを宜しくお願いします。





ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  


今ならWEBから来場予約でグルメギフト券3,000円分プレゼント!!

(2017/12/20までの期間限定です)

 


  

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年12月10日

【完成現場紹介】A様邸 ~かわいらしい南欧風のおうち~

こんにちは
設計の石引です。

今回は、最近お引渡ししたA様邸をご案内致します。
 
外観は真っ白な漆喰のレチェウェーブ、屋根は洋瓦仕上げのFinoです。
※外構工事はまだ途中の状態です。 
 
 
リビングには大きなアーチとアイアン手摺のひな段階段があります。
やっぱり床の無垢材アンティークロと白い壁は合いますね~。
 
171027-2.jpg
 
171027-3.jpg
 
 
キッチンの腰壁の笠木はモザイクタイル仕上げで、とても可愛らしく仕上がっています。
(使用タイルは名古屋モザイク工業『コスミオン』という商品です)
  


1階ホールには、洗面とは別に奥様ご希望の造作手洗いが設置されています。ブルーのタイルが綺麗ですね。

171027-5.jpg

 
今回担当させて頂いたA様は、優しいご主人と可愛らしい奥様のとても仲の良いご夫婦で、楽しくお打合せさせて頂きました。
ありがとうございました。

また次回、お会いしましょう。


 
 
 
 

ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  


今ならWEBから来場予約でグルメギフト券3,000円分プレゼント!!

(2017/12/20までの期間限定です)

 

 


 

 

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

2017年12月17日

【完成現場紹介】O様邸 ~本物の素材~

こんにちは
設計の内村です。
今回ご紹介するのはO様邸です。 
 
171215-s04.jpg

Lecheの外観で、南道路の縦長の敷地になります。

南道路の場合、日当たりがいい、というメリットに目が向きがちですが、大きな窓が建物の「顔」になる部分にたくさん出てくるため、スッキリとした綺麗な外観が作りにくいというデメリットもあります。

しかし、今回のO様邸の外観は非常に美しい!

フロント設計を担当した亀田も自画自賛してましたw
 

171212-s13.jpg

玄関を入ると正面にはシューズクローク、
写真には映っていませんが、右手にあるリビングの扉は無垢(本物の木の扉)が設置されています。
 

171212-sL1.jpg

天井には化粧梁を設置し、床は無垢フロア、壁の仕上げは漆喰をご採用いただきました。
 

171215-sK1.jpg

奥様こだわりのキッチンはウッドワンのスイージーというキッチンです。本物の木の扉を採用しており、天板はタイル仕上げとなっています。タイルもたくさんの種類の中から打ち合わせで選んでいきました。
 

171215-s06.jpg

171215-s07.jpg
 
1階のトイレには奥様がお好きなウィリアムモリスの壁紙で仕上げ、造作洗面にはオリジナルパターンのタイルをアクセントで入れています。
 

171212-s05.jpg

2階へ上がる階段の脇には全面すべて造作の書棚になっています。
ご主人の職業柄、非常にたくさんの本をお持ちとのことで、この棚の量でも「入るかな・・・」と少し不安そうでしたw
 

171212-s09.jpg

階段の途中にはご主人専用のスタディスペースを設けています。
リビングと緩やかに繋がり、すぐ後ろの本棚を利用できるため機能的ですね。
 

171212-s08.jpg

寝室のWICの入り口はアーチとし、横の壁には横長のニッチを設置しました。アロマ用のコンセントも設置しています。


今回こだわったのは「本物の素材」という点です。

外壁・内壁の漆喰、無垢フロア、無垢の扉、タイル・・・

どれも本物の素材を使用することで、体にも優しく、自然を感じられる温かみのある空間になりました。
また、10年・20年と年数が経ったときもアンティークな雰囲気となると思うのでそれも楽しみですね。


ご主人様・奥様の穏やかで優しい雰囲気にピッタリの本当に素敵なお家になりました。

それではまたお会いしましょう!
 
 
 
 
 

ハスカーサの展示場や施工実例もぜひご覧ください。

ハスカーサの実例ページはこちら 

ハスカーサの展示場はこちら  


今ならWEBから来場予約でグルメギフト券3,000円分プレゼント!!

(2017/12/20までの期間限定です)

 


  

 

 

ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー