« 2018年05月 | メイン | 2018年07月 »

2018年06月 アーカイブ

2018年06月04日

【完成現場紹介】I様邸 ~店舗併用住宅~〈続〉

こんにちは
設計の内村です。
 
今回ご紹介するのは、先日美容室をオープンされた店舗併用住宅のI様邸です。

住居部分は竹島が先日のブログで書かせていただきましたので、私は店舗部分をメインに書いていきたいと思います!
 

180528-G01.jpg

漆喰の白さ、独特の角Rのデザインがやわらかい印象を与えています。レチェのデザインは美容室やカフェなどととてもよく合いますね!
 
 
180528-G02.jpg

今回は美容室のロゴデザインも担当させていただきました。
お打ち合わせの際の、ちょっとした会話の中で決まった店舗名で、ハスカーサの「Leche(レチェ)」を一文字変えて、「Reche Hair(レチェ ヘアー)」としていただきました。
 

180528-01.jpg
 
180528-02.jpg

お店に入ると明るい待合スペースになります。
床は明るめのタイルで仕上げ、グリーンのアーチがとてもいいアクセントになっています!
 

180528-03.jpg
 
180528-04.jpg

カット・シャンプースペースの床はフロアタイルで仕上げています。
貼り方が独特になっていますが、こちらは魚の骨のように見えることから、herring(ニシン)のbone(骨)「ヘリンボーン」と言われているパターンです。
椅子のグリーンもアクセントの色ととても良く合っていますね!

お店のデザインも、とてもセンスのいい奥様らしい雰囲気になりました。


それではまたお会いしましょう!
 

 
 

 


 

今ならWEBから来場予約で

商品券2,000円分をプレゼント!  

  (2018/6/20までの期間限定です) 

   

ハスカーサの展示場や施工実例も
ぜひご覧ください。

 

Blog_HP_31jiturei_button.jpg
ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします

 

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

 

2018年06月18日

建築見学~根津美術館~

お久しぶりです。
設計の下平です。

今回は、この間見学に行った根津美術館について書きたいと思います。

180529-01.jpg


根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家で茶人の初代・根津嘉一郎の収集品を展示するためにつくられた美術館で、1941年に開館しました。
  
第二次世界大戦以前からの歴史をもつ、日本では数少ない美術館のひとつです。現在の本館は2009年に隈研吾さんの設計によってできたものです。

180529-02.jpg


大きな切妻屋根が目に入ってきます。
屋根は瓦葺ですが、軒先は亜鉛メッキされた薄い鉄板でできており、重たくなくシャープな印象を与えています。
また、道路側には竹垣があり、入口から入ると落ち着いた雰囲気を作っています。
 

180529-03.jpg

180529-04.jpg


この動線が美術館とその周りとの緩衝材のような役割を持ち、美術館に行く際に心を落ちつけられる空間となっています。


180529-05.jpg

180529-06.jpg

180529-07.jpg


美術館には庭園もついていて、美術館鑑賞が終わった後に散歩をすることができます。『都会のオアシス』とも言われていて、この美術館の魅力の一つです。庭園にはカフェもあるのでゆったりと楽しむことができます。


180529-08.jpg

180529-09.jpg

180529-10.jpg


帰る時間には入口の竹垣部分がライトアップされていました。
この空間が好きすぎて写真を撮りまくってしまいました。。。

ライトアップされると先ほどまでとはまた違った印象を与えてくれます。

表参道の駅近くにあり、アクセスもいいので、東京に行く際には是非一度足を運んでみて下さい。
 


   

今ならWEBから来場予約で

商品券2,000円分をプレゼント!  

  (2018/6/20までの期間限定です) 

   

ハスカーサの展示場や施工実例も
ぜひご覧ください。

 

Blog_HP_31jiturei_button.jpg
ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。
 
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

 

2018年06月25日

【完成現場紹介】S様邸 ~平屋の和風住宅~

こんにちは。宮里です。
今回は、平屋の和風住宅をご紹介します。

建物の外観は、お伺いした日が豪雨のため、撮影できませんでしたので、次の機会に。
 
中へ入ると、まず感じるのが、懐しい香り。
その正体は、奥にある、和室の畳や、障子、建具に使われている、白木の香りでした。(どんなに技術が発展していても、香りを皆様にお伝えできないのが、非常に残念です。。) 
 
180622-02.jpg
 
昔の日本住宅では当たり前のようにあった和室の続き間ですが、今では新築でなかなか見る機会がありませんね。
 
 
180622-03.jpg
 
壁紙はクロスですが、襖や床の間、天井などを和室材で仕上げると、和風の趣がでて、どこかほっとする空間になりますね。  
 
180622-04.jpg
 
 
 
その和室の障子をあけると、奥行きのある広縁があります。

180622-05.jpg
 
昔の住宅ではよく縁側があり、日向ぼっこをしたり、ご近所さんが集まって井戸端会議がされたり、、などが思い浮かぶと思います。

 
最近では、お庭やインナーバルコニーにウッドデッキやタイルを設置して、限られた空間の中で、中と外との境界をあいまいにし、奥行きのある空間とする手法もありますね。
   
180622-06.jpg 180622-07.jpg
 
 
 
こちらの建物も、和室の続き間の先に、お庭があります。
 
180622-08.jpg
 
建替前にもともと植えていた植栽を一部残し、お客様がこれから手入れされるとのことでしたが、和室に座ってお庭を眺めると、旅館に来たような気分でした。


今回はここまで。
 
この場を借りて、素敵な家づくりに携わらせていただいた、S様に感謝申し上げます。

それではまたお会いしましょう。

 


 

今ならWEBから来場予約で

商品券2,000円分をプレゼント!  

  (2018/8/20までの期間限定です) 

   

ハスカーサの展示場や施工実例も
ぜひご覧ください。

 

Blog_HP_31jiturei_button.jpg
ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします

 

にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

 

資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー