« 【完成現場紹介】T様邸 ~加平展示場のキッチンを見て~ | メイン | 【完成現場紹介】Y様邸 ~モダン住宅~ »

じぶんち:⑦「屋根完成~床断熱と仕上げ材」

屋根工事も佳境に入ってきました。
下屋のガルバリウム鋼板タテハゼ葺きです。
通常ハスカーサでの施工方法と比べてみてください。
 
 
↓タテハゼ葺き
180702-01.jpg
 
 
↓通常の施工方法(瓦棒葺き) 
180702-02.jpg

 
 
 
内部も壁面の断熱が終わり、今回、自邸にて実験的に行う基礎断熱へ・・・
これはリビングの床を通常の1階床レベルから下げるためです。

基礎コンクリートの天端を平滑にするためセルフレベリングを行い、


180702-03.jpg


樹脂製の束でレベル調整しつつ、大引き下も断熱材を隙間なく敷き詰め、ウレタン断熱を3層で構成。

斎藤大工さんも通常の倍以上かかってると嘆いていました。


180702-04.jpg
 
180702-05.jpg


本来、床下空間を確保して断熱性能を発揮するハスカーサの家と違い、じぶんちは床下空間がないので、今後嫁さんから「寒い!」とクレームが入るかもしれないと考え、ハスカーサの看板である無垢材を泣く泣く断念し、床暖房を設置。


180702-06.jpg
 
 
ですが、フローリングのグレードを上げて表面の無垢部分の厚みがある「挽板」としました。
正直無垢材より高くつきましたが、この質感は素晴らしいのでやむをえません。


180702-07.jpg


ダイニングキッチンの天井はレッドシダーで素材感を出し、高さをポラス自慢の2m70cmではなく、あえての2m50cm。
今回、縦に広がりを構成するのではなく、周辺環境も踏まえ横に広がりを作ろうと計画していたので、あまり高すぎるとバランスが崩れてしまうということと、2.5mの特注サッシを床から天井までとしたかったため、このようになりました


180702-08.jpg
 
 

設計:小杉  

 

 

▼小杉の「じぶんち」シリーズはこちらより▼

① ~ゾーニング~

② ~キッチンと収納~

③ ~模型でイメージ共有~

④ ~フツウダネ。
⑤ ~いざ着工~
 ~建て方~造作工事~

 

 


 

今ならWEBから来場予約で

商品券2,000円分をプレゼント!  

  (2018/8/20までの期間限定です) 

   

ハスカーサの展示場や施工実例も
ぜひご覧ください。

 

Blog_HP_31jiturei_button.jpg
ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします
 
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

カテゴリー