« 【完成現場紹介】T様邸 | メイン | 建築 ➔ 建物 »

「間仕切り壁」のリフォーム

みなさんこんにちは!
設計の松澤です。

今回は、「間仕切り壁」のリフォーム工事を
行った現場に密着する機会があったので
ご紹介させていただきます。

皆さんはリフォームで部屋と部屋の間に壁を作るという工事は
とても大変で大掛かりな工事なイメージが
あるのではないでしょうか?


実は、間取りによっては2~3日くらいの工事で
済んでしまう場合があります。
今回の現場では3日で作業を完了しました。

では早速見ていきましょう!

まずは、壁の下地作りから

190204_01.jpg
2×4の建物では、2×4材(スタッド)を
用いて壁等の下地を作っていきます。

後施工ですので、壁を作る所の横に
貼ってあったクロスもはがしておきます。

そしてまず、天井と床、左右両端にスタッドを
固定し大きな外枠を作ります。


そのあと、455㎜間隔を目安に枠内に
スタッドを入れていきます。


190204_02.jpg

スタッドが入れ終わり壁の下地が完成しました。
ここで、壁に不陸がないか確認し調整していきます。
おおよそ水平が取れたら石膏ボードを貼っていきます。


190204_03.jpg

端から順番に貼っていき最後のボードで
細かい調整をしていきます。


この石膏ボードを貼る順番は大工さんの
利き腕によって変わるようで、
右利きの人だと左から右へ貼っていくことが
多いそうです。

190204_04.jpg
まず片面が貼り終わりました!

190204_05.jpg
裏からみるとこんな感じです!

190204_06.jpg
そのまま裏の面も貼っていきボード貼り終了!

190204_07.jpg
そして、巾木呼ばれる材料を壁と床の取り合いの部分で
施工していきます。

190204_08.jpg 190204_09.jpg
こんな感じで大工さんの工事が完成しました!
ここまでで、1日かからないくらいの時間でした!

そして、最後にクロス屋さんに来てもらい壁紙を
貼っていただき完成!!

190204_10.jpg 190204_11.jpg
元々あった壁と新しく施工した壁の部分も
きれいに施工されてますね!

190204_12.jpg
クロス工事は1日半くらいパテで下地を整える作業をし、
残りの時間でクロスを貼り仕上げました。

このような形で、「間仕切り壁」は
施工されていきます。

写真みて頂いていけばわかると思いますが、
作業としては
「スタッドで壁作る」→「石膏ボードを貼って巾木をつける」→
「壁紙を貼る」という単純な工程になります。

これから間仕切り壁を作りたい方等
ご興味がある方はぜひ相談してみてください!




ハスカーサの展示場や施工実例も
ぜひご覧ください。

展示場/ショールーム   STAFF BLOG HaS-rogo_601.jpg


ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。

資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

カテゴリー