« 2014年03月 | メイン | 2014年08月 »

2014年07月 アーカイブ

2014年07月26日

建築士のナナツドウグ

設計の浅井です。

みなさんお元気ですか?

 

今回は我々建築士が使っているナナツドウグのうちの一つであり、設計用の道具のなかでも、皆さんの生活でも役立つ道具である

「メジャー(英:measure)」

を紹介したいと思います。

 

 

基本的に道具好きの私ですが、私に限らず建築士は大体メジャーが大好きです。

人によっては「コンベックス(英Convex)」とか「ルール(英:Rule)」とか呼んだりします。(語源についてはWikipediaなどで調べてくださいね)

 

建築士がお目にかかったお客様はメジゃーを片手に机の奥行や窓の高さを表現している我々の姿をご覧になっていると思います。

仕事のみならず大体の建築士はいつも懐にメジゃーを忍ばせています。

生き別れた親もらったに肩身のように。

そして気になるものがあったら、カフェのテーブルの高さから昇りやすい階段の高さなどあたりかまわずいろんなを測っています。

 

 

というわけで、設計・浅井愛用のメジゃーをご紹介いたします。

 

1%202014.7.25.JPG

①米国スタンレー社が1970年代にフランスで生産していた「mobo nivometre」です。

もう生産していませんが現在でもデットストックのものが流通しています。大柄でがっしりした作りです。重いので普段は事務所のデスクで使っています。

水平器やコンパスも仕込まれていて意外と多機能です。

 

 

2%202014.7.25.JPG  

②独逸SKSデザイン社のblomus(ブロムス)ステンレスメジャーです。

SKSデザイン社はステンレス製品を得意としていてキッチンウェアから建築金物までいろんなものを製作しています。

シンプルでモダンなデザインなのでOn/Off問わず持ち歩いています。

 

 

3%202014.7.25.JPG  

③駿河意匠というデザイン事務所が企画販売していた木製ケーシングのメジャーです。

学生時代に購入しましたが、現在は生産終了しています。線が細いので曲がりやすく比較的小さなモノを測るのに適しています。

 

 

  4%202014.7.25.JPG

④原度器さんという日本のメーカーのメジャーです。

5.5mまで測れるので打ち合わせか現場まで重宝しています。現在最もヘビーローテーションで使用しているメジャーです。

マグネシウム製のケーシングはテープ(中身)の長さの割に小さく軽いです。

 

 

5%202014.7.25.JPG

⑤ヤマヨ測定機さんという日本のメーカーのメジャーです。(写真奥)

子供のころから、実家にあったものを学生時代に頂いてきました。

後年わかるのですがどうやら①(写真手前)のメジャーを意識してデザインされたようですね。

実は数年前に紛失していたと思ったら、HaScasaレチェミコノス展示場(新越谷)のお道具箱から発掘されるというミラクルを起こしたメジャーです。

 

 

ということで、最近は100円ショップなどでも扱っているメジャーですが安価なものはテープ(メモリの振られた本体)が折れやすかったりと使いにくかった入りするので、ホームセンターなどでしっかりしたものを購入されることをオススメします。

さらにちょっと興味がわいちゃった方はちょっと大きめの文具店や東急ハンズなど大手雑貨店などで探されると面白いものが手に入るかもしれません。

 

変わったメジゃーをお持ちの方はぜひ私に拝見させてくださいね!

 

 


  140725_Web_%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC01.png

ハスカーサの営業によるブログ→営業ブログ←こちらをクリック!

お問い合わせは→お問い合わせフォーム←こちらをクリック!

 

展示場・ショールーム 資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー