« 2014年11月 | メイン | 2015年02月 »

2014年12月 アーカイブ

2014年12月21日

自宅を設計してみて④

こんにちは。設計の齋藤です。

 

 

今回もDIYのすすめとして、私が作成したものをご紹介をします。

 

 

今回は本棚です。

1%202014.12.21.jpg

 

 

本棚を作らなければとおもいつつ新居に引っ越してしばらくは何もせず放置。

 

 

我が家の収納の中で、「本」と書かれた段ボールが開かれることがなく行き場を失い山積になっていたため、

 

やっと重い腰を上げ、そろそろ作ろうか・・・ということになりました。

 

 

やっぱりちょっと面倒くさいなぁと思い、自分で作るのを挫折しそうになり、買ってきた本棚を置いちゃえば?と妻に言ったところ

 

 

「天井までぴったりのがあればいいけど...」

 

 

と言われ、ぴったりしたものが見つかるはずもなく、自分で作ることにしました。

 

 

 

自宅を設計するときに本棚を自分で作ろう!と張り切って2階の廊下に凹みをつくっていたため、

 

2%202014.12.21.jpg  

 

しばらくは何もないむなしい状態で何か月も過ぎていました。

 

 

家に遊びに来る人からは「この空間は何?」といった類の質問をよくされていました。

 

そのたびに

 

「本棚」

 

「本棚」

 

と答えていました。

 

 

後から巾木もつけようとしていたので、それはまさに工事途中?って感じの状態でした。

 

 

 

では まずは材料選びからです。

 

材料が決まらなければ寸法も出せないのでホームセンターへ。

 

 

いろいろとみてみると、チョウドいい30mm厚の赤松集成材のカウンターが山積になっているのを発見!それで本棚を作ることにしました。

 

 

壁の凹みにぴったりと納めるべく、採寸と緻密?な計算により図面を作成。

 

   

またホームセンターに行き赤松集成材のカウンターを購入、寸法を指定しカットまでお願いしました。

 

 

 

家に戻り、さっそく組立です。

 

3%202014.12.21.jpg

 

ちなみにダボ穴を作るのは難しかったので可動棚のレールで棚板を付けることにしました。

 

 

床から天井までの本棚を作成し運んでの設置はムリなので、上下で2分割にし、設置した後で壁に固定しました。

 

 

 

あと、そういえばあるとなにかと便利なコンセントが本棚を設置するところに....

 

 

どうしましょう。

 

穴をあけましょう!

 

 

ということでノミを購入、自分で穴をあけました。

 

4%202014.12.21.jpg

 

上下の本棚の枠をこさえて凹みに設置、棚板のためレールを付けてこんな感じに出来上がりました。

 

 

 

5%202014.12.21.jpg

 

出来てみると、やっぱりいいですねぴったりとおさまって。

 

 

自画自賛です。

 

 

ちなみに巾木も自分で取り付けました。

 

 

今ではコンセントのところはえんぴつ削りの置き場になっています。

 

 

 

それではまたご紹介します。

 


%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png %E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png %E8%B3%87%E6%96%99%E8%AB%8B%E6%B1%82%E3%81%B8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF.png

 

展示場・ショールーム 資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー