メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

ニュースtopics list

一覧

2022/06/12

大人気!!!箱型(キューブ型)の家は何が良いの?

大人気 !!!キューブ型の実例を紹介!

ハスカーサで建築したお客様宅を数多撮影同行してきたSaitoです!

 

注文住宅を建てるなら、ドラマに出てくるような立派な日本家屋を建てたいと思っている私ですが、お客様宅の撮影に行くとキューブ型のオウチの魅力に気づかされます。

 

まずは、我が家の顔となる外観!従来、「家」と言われると、切妻屋根で1階が大きく、2階が小さいような家を想像しますが、キューブ型は正面からみると、「四角」でスタイリッシュなモダンデザインです。

 

行ってきますからただいままで、毎日みる外観なので、ここはこだわりたい!という方がほとんどだと思います。余計な装飾がなくスッキリデザインで、クールなおしゃれさを演出できるのが人気の理由!?

 

 

■キューブ型の家のイイトコロ

凸凹のないシンプルな箱タイプの建物は耐震性能が優れていること。

 

また、外壁の面積が少なく抑えられるため、コストを抑えられるのも取り柄です。

 

さらに、整った四角形の土地に建てるなら、めいっぱい居住面積が取れるという利点も。

 

加えて2階も1階と同じだけの面積が取れ、空間を有効に活用できます。

 

一番はデザイン性がクールなところ!

出展:https://www.polus-ie.jp/column/detail.html?GCID=32

 

■キューブ型の家の注意点

「軒」(屋根が外壁から張り出している部分)がないことで、雨が外壁に直接当たり傷みやすくなります。

 

窓に庇が無い場合は、雨の日に窓を開けると吹き込んでしまうため、換気をしたくても開けられないということがあります。しっかりと通風設計が必要ですね!

 

夏でも直射日光が部屋に差し込むことも、庇がないことによる弱点。ですが、これは窓の断熱性能が上がってきていることでカバーが可能です。

 

屋根が平らなのがキューブ型の所以ですが、それが水はけの悪さにつながると、雨漏りを引き起こす原因になることがあります。

 

ただ、外観上は平らに見せつつ屋根勾配を設けることも可能で、これも回避可能なリスクであるといえます。

 

思い切って片流れの屋根にすると、デザイン的にもおしゃれにまとめることができますのでご一考を。

 

出展:https://www.polus-ie.jp/column/detail.html?GCID=32

 

 

■キューブ型っぽく見える実例

外観が完全なキューブ型ではないですが、正面から見るとキューブ型の家に見えるようにデザインするのもおしゃれですね!

 

まとめ

スタイリッシュでモダンデザインな外観にしたい方はキューブ型を検討するのも良いかもしれませんね!

 

デザインだけで、キューブ型!と決めてしまうと窓を少なくして、住宅の性能が低下・・・なんてこともあるのでしっかりと設計士に相談して、

デザインと性能を両立した注文住宅を建てましょう!

 

HaScasaで最新のモダン実例集ができましたので、是非、カタログ請求お待ちしております!

 

一覧

女性スタッフ 笑顔 アイコン 女性スタッフ 笑顔 アイコン

CONTACT

tel.0120-921-969 tel.0120-921-969

© 2021 Global Home Inc.