ZEH NET Zero Energy House 未来のために、住宅ができること

HaScasaのZEH

HaScasaのZEH
Graxyz グラシーズ

“Graxyz”は、“grand:「壮大」”と“xyz:「究極」”を掛け合わせた造語。
経済発展の中で進化し続けている、高性能の設備機器。
人間の知恵と感性でデザインされる、設計手法。
変わらない美しさと安らぎをもたらす、自然素材。
どれか一つに特化するのではなく、
この三つを効果的かつ積極的に取り入れることで、
ZEH(ゼッチ)基準を満たすスペックと、最高に心地よい暮らしを実現。
「住宅」の役割は「人生」を歩むうえで、とても重要です。
Graxyzは大切な家族の未来のために、今できることを叶える住宅です。

Graxyz グラシーズ Plan プラン
Graxyz(グラシーズ)のモデルハウス 2018.09.08船橋にOPEN! 詳細をチェックする
HaScasaのZEHについて 資料請求・お問合せはこちら
ZEH(ゼッチ)について ZEHについて考えることは、未来の住まいを考えること。ZEHのイロハを抑えていきましょう。

ZEH(ゼッチ)とは

ZEH(ゼッチ)とは、NET Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。

家の設備性能や断熱性などを上げて、家で使われるエネルギーを減らす省エネ。太陽光発電システムなどで、エネルギーを生み出す創エネ。

これらを組み合わせ、年間の一次エネルギー※1消費量を正味ゼロ※2にする住宅。環境にやさしい究極にエコな家。それがZEHです。

※1: 一次エネルギーとは…
石油・石炭・天然ガス・水力・風力・太陽熱など、自然から直接採取されるエネルギー。
家庭で使う電気やガスなどは二次エネルギーと言われ、一次エネルギーを加工してつくられます。つまり、二次エネルギー量を減らすことが、一次エネルギー量の削減につながります。

※2: 対象のエネルギーは…
空調(暖房・冷房)・給湯・換気・照明設備に係る一次エネルギー消費量。
その他の一次エネルギー消費量(家電分等)は除きます。

ZEH(ゼッチ)とは

国が掲げる目標

2020年までに標準的な新築住宅※で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目標として掲げています。近い未来、ZEHが日本の住宅のスタンダードとなります。

※“標準的な新築住宅でZEHを実現”とは、ハウスメーカー・工務店等が施工する新築住宅の過半数がZEHとなることを目安にしています。
国が掲げる目標

コラム 省エネ法と2020年義務化

国が掲げる目標 国が掲げる目標

昭和54年に施行された「省エネルギー法」により、昭和55年に住宅の省エネ基準が設けられました。
その後平成4年、平成11年と段階的に基準が強化され、平成25年、新しい省エネ基準が設けられました。

現在この基準は“目標値”ですが、2020年にはすべての新築住宅がこの基準を満たさなければいけない“義務化”となる予定です。
ZEH普及推進の背景には、国が推し進めている「住宅性能の向上」が深く関係しています。

矢印
将来を見据え、基準を満たす住宅であるかを見極めることが大切。

補助金について

新しく家を建てるお客様がZEHを導入しやすいように、またZEH仕様の住宅の普及を後押しする施策として、国は平成24年度から補助金を毎年交付してきました。

平成30年度(2018年)は環境省が「ZEH支援事業」、経済産業省が「ZEH+(ゼッチプラス)実証事業」をそれぞれ展開。ZEH補助金は1戸あたり70万円、ZEH+補助金は1戸あたり115万円です。(戸建住宅の新築の場合)

ZEH+は2018年に誕生した新しい制度です。
より性能が高い住宅にすることで、エネルギーの自家消費率を拡大させ、ZEHの実証を支援するものです。

補助金を受けるためには、各申請・条件があります。
詳細はお問い合わせください。

ZEH補助金70万円 ZEH+補助金115万円

補助金を受けるためには

ZEHとZEH+で条件やスケジュールが異なります。

  • point1 ZEH仕様であること
    ZEH

    【ZEHの場合】

    ①ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」を満たしていること
    ・外皮性能(UA値)が地域区分毎に定められた基準以上(例:6地域でUA値0.60以上)
    ・設計一次エネルギー消費量が、再生可能エネルギーを除き20%以上の削減
    ・太陽光発電システム等、再生可能エネルギー・システムを導入し、それを加えて設計一次エネルギー消費量が100%以上削減されていること
    ②ZEHであることを示す証書(BELSn等)の写しを中間報告時に提出できること
    ③導入する設備(エアコン、給湯器等)が要件を満たすものであること
    ④要件を満たすエネルギー計測装置(HEMS)を導入すること

    【ZEH+の場合(ZEHとの違い)】

    ①更なる省エネルギーの実現
    →設計一次エネルギー消費量が、再生可能エネルギーを除き25%以上の削減
    ②選択要件(以下3つの内2つを採択)
    1)外皮性能の更なる強化(例:6地域でUA値0.50以上)
    2)高度エネルギーマネジメント(住宅内の設備を制御する)
    3)自家消費拡大のための設備(電気自動車用コンセント等)

    ※平成30年度ZEH支援事業交付要件より抜粋

  • point2 設計・建築する会社が「ZEHビルダー」であること
    point2 設計・建築する会社が「ZEHビルダー」であること

    SIIに登録された「ZEHビルダー」が設計・建築または販売を行う住宅である必要があります。

    登録にあたり、
    ・ZEH普及の取り組み内容
    ・毎年のZEH建築の実績報告
    ・2020年までにZEH建築割合50%以上を目標とした各年度の目標値設定・公表(ロードマップ)
    など求められており、すべてのハウスメーカー・工務店等が登録できるわけではありません。

    ZEH仕様住宅の施工可否だけでなく ZEHビルダー登録の有無も重要!!

    ポラスは注文住宅においてZEHビルダーに登録済みです。
    (HaScasa・グローバルホーム株式会社はポラスのグループ企業です)

ZEH仕様を受けるためには

キーワードは「断熱」「省エネ」「創エネ」。ZEH仕様のカギとなる設備は9つ。
エネルギーロスを抑えて、エコな設備を導入し、しっかり発電することがポイント。

断熱×省エネ×創エネ+畜エネ
1太陽光発電システム 2外壁・屋根・床下 3窓 4換気システム 5高効率給湯器 6高効率エアコン 7HEMS 8LED照明 9蓄電池
  • 太陽光発電システム
  • 外壁・屋根・床下
  • 窓
  • 換気システム
  • 高効率給湯器
  • 高効率エアコン
  • 7HEMS
  • LED照明
  • 蓄電池
  • 外壁・屋根・床下
  • 換気システム
  • 高効率給湯器
  • 高効率エアコン
  • 7HEMS
  • LED照明
  • 蓄電池
  • 太陽光発電システム
  • 窓
3窓 4換気システム 5高効率給湯器 6高効率エアコン 7HEMS 8LED照明 9蓄電池 1太陽光発電システム 2外壁・屋根・床下
9蓄電池

ZEHの認知率と満足度

ZEHの認知度が上昇しています。
リクルートが提示した2015年注文住宅動向・トレンド調査では、注文住宅を検討している方の半数が、ZEHを認知しているという結果が出ています。

また、実際にZEH仕様の家に住まわれている方への調査では、89.7%が満足しているという結果が出ています。
今後もZEHの認知率、採用率はさらに高くなり、これからの家のスタンダードとなっていくことが予想できます。

ZEH・スマートハウスの認知率
※ 認知計:「内容まで知っている」 + 「名前だけは知っている」
※ 調査対象:全国で今後2年以内に注文住宅の建築を検討している方
※ 出典:株式会社リクルート住まいカンパニー「2015年注文住宅動向・トレンド調査」
ZEH・スマートハウスに住んでみての満足度 ※ 満足計:「大変満足している」 + 「満足している」
※ 調査対象:全国の1年以内に注文住宅を建築した方のうち、ZEH・スマートハウスを導入した方
※ 出典:株式会社リクルート住まいカンパニー「2015年注文住宅動向・トレンド調査」
HaScasaのZEHについて 資料請求・お問合せはこちら

pagetop