メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

テクノロジーtechnology_concept

ハスカーサのテクノロジー

安心安全で長く快適に暮らせる住まい

家づくりにおいて高い関心を集めるのは「断熱性・気密性」と「耐震性」。
私たちは日本特有の四季に対応できる気密性と断熱性の高い家づくり、大きな地震に耐える建物、それを支える地盤の強さを高めることをスタンダードとして日々研究を行っております。
家を建てる前からその土地を知り、基礎から強い家づくりを行うことであなたの安全・生活・財産・健康をお守りいたします。

カラダだけでなく
ココロも健康になる家づくりのために

超高断熱2×6工法で実現する
一年中快適で豊かな暮らし

建築素材 建築素材

ハスカーサでは2×4(ツーバイフォー)工法や、さらに健康を突き詰めた超高断熱ツーバイシックス工法を採用しています。
2×4工法は、名前にあるとおり、サイズが約2インチ×約4インチ程度の木材を組んで枠組をつくり、この枠組に構造用面材を接合して剛性の高い板を構成。それらを専用の金具・金物などで一体化して、頑丈な六面体構造を形成する工法です。さらに、2×6(ツーバイシックス)は2×4に比べ1.5倍以上の厚みで構成され、より優れた気密性・断熱性を実現します。
※一部2×4仕様になる場合がございます。

施工に関して

POINT.01

施工に関して

2×6工法、2×4工法は、施工の手順がきめ細かくマニュアル化されており、使用する構造材や釘・金物のサイズ、それらの使用方法・使用箇所まで、どの住宅にも均一な高品質と高性能を実現することができ、施工者の技量に左右されることはありません。
また、規格が決まっているため比較的に施工が簡単であることから、工期の短縮やコスト軽減の面でもメリットがあります。

気密性・断熱性

POINT.02

気密性・断熱性

2×6工法、2×4工法の住宅は、床・壁・天井からなる6面体を家の構造としているため、すきま風や室内の空気の流失が少なく、高気密・高断熱を実現しやすいといえます。
そのため、冷房・暖房の効率がとても良く、少ない電気代で一年を通じて快適に過ごせます。

ハスカーサは、全棟”断熱性能”を計測・公開しています!

断熱性能を数値で示す「UA値」「Q値」を全棟で計測。2種類の計測を行うことで、1棟1棟きめ細やかな対応が可能になります。

耐震性

POINT.03

耐震性

2×4工法、2×6工法は地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散・吸収させます。それにより地震の力が一部分に集中することがないため、地震に対して抜群の強さを発揮します。
これについては阪神・淡路大震災でも驚異的な強さを誇り、ツーバイフォー住宅のうち約9割が特に補修など施さなくても居住可能な状態であったことが実証済みです。

建てる前に知っておきたい
地盤の大切さ

土地・地盤画像 土地・地盤画像

大きな地震が増えている近年。万が一の対策のため、多くの住宅会社が家の構造や耐震性能の強化に力を入れています。
ただし、それだけでは十分な地震対策とは言えません。
近年発生した地震による地盤事故や家の破損事故の中には、適切な地盤補強や改良によって未然に防げた事故も数多くあったと考えられています。
重要なことは地震に強い家をつくり、さらにそれを支える地盤の強さを高めることだと考え、ハスカーサでは全棟地盤調査を実施し、1棟ずつ詳しく検査。地盤から強い家づくりに取り組んでいます。

『地盤を知ること』が重要になる
4つの理由

家を支える地面の負荷は?

REASON.01

家を支える地面の負荷は何と70トン!!

例えば100㎡の木造住宅を建てるだけで地面に70トンもの荷重がかかり続けます!
地盤はそれだけの重さを長年にわたって支え続けることになるのです。

住宅の不具合は地盤?

REASON.02

住宅の不具合は、地盤の問題が原因かも…

家の廊下でビー玉を転がしたら、コロコロどこまでも転がっていってしまった…という映像を見たことがある方もいるかもしれません。
床が傾く、窓や扉が締まりにくくなる、基礎や外壁に亀裂が入るなど、戸建住宅の不具合に関する相談には、地盤工事をしっかりしていれば防げたものが隠れています。

不動沈下を防ぐ

REASON.03

大きな損害を生み、資産価値を下げてしまう
不同沈下を防ぐために

基礎や建物が傾いて沈下する不同沈下の修繕費用は1000万円を越えることも。
さらに、不同沈下の起きた住宅は資産価値が大きく低下する場合も少なくありません。

家の傾きが健康被害を引き起こすケースも

REASON.04

家の傾きが健康被害を引き起こすケースも

地盤のトラブルによって傾きが生じた家に住んでいると、人によってはめまいや肩凝り、吐き気などの症状、自律神経失調症などを引き起こすケースも…。

SF-Raft工法

マイホームでの暮らしを、
もっと安心して楽しんでいただきたいから。
不安を払拭するオリジナル地盤改良「SF-Raft工法」

「SF-Raft工法」とは自社エリアの地盤を誰よりも把握しているポラスが独自に開発。土の種類に左右されず、杭と地盤の両面で建物を支えるので安全性が高いことが特徴です。高強度のオリジナル杭を施工しながら地盤を締め固めるので、地盤をより強固にします。

SF-Raft工法 SF-Raft工法

強い地盤に、
強い構造の住まいをつくる

ハスカーサではお客様のこれからの毎日の暮らしにフォーカスをあて、心も体も健やかに過ごせる家づくりを行っております。
家づくりの性能面やそれを支える地盤の改良まで、現代のテクノロジーとこれまで培ってきた独自の技術力を持って、安心・安全をお約束いたします。

女性スタッフ 笑顔 アイコン 女性スタッフ 笑顔 アイコン

CONTACT

tel.0120-921-969 tel.0120-921-969

© 2021 Global Home Inc.