メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

スタッフブログblog

家づくりお役立ち情報

2022/08/23

無垢の木や漆喰、自然素材のメリットデメリットとは?

こんにちは。
ハスカーサ スタッフです。

 

夏の時期は、モデルルームの無垢床がサラッとして気持ちいい!

今日はそんなことを感じたので、

無垢の床や漆喰など、自然素材の持つ魅力、メリットデメリットについてお伝えします。

 

 

 

▼目次

自然素材を使った家とは?

家で使う、代表的な自然素材

自然素材のメリット

自然素材のデメリット

まとめ

 

 

 

自然素材を使った家とは?

 

家づくりで使う材料で、特に「自然素材」と言う場合、はっきりした定義があるわけではありません。

ただ、新建材のような化学物質を含む素材を避け、無垢の木や漆喰などのような、自然由来の素材のことを「自然素材」として、積極的に使っています。

 

無垢の木や漆喰、珪藻土など自然素材を使った家には、温かさや風合いを感じられる優しさがあります。

年月とともに美しく変化し、調湿作用など自然の効果も期待できますね。

 

自然素材を使うというと、高いのでは?お手入れが難しいのでは?とデメリットが気になっている人でも、味わいのある魅力を知ると、わが家にも取り入れたくなるかもしれませんよ。

もちろん、メリットばかりではなく、デメリットと感じることもあるでしょう。

大切なのは、素材の性質を知って、魅力を活用できるような使い方をすること。

 

まずは、家で使う自然素材の特徴をお伝えしていきますね。

 

 

 

住まいで使う、代表的な自然素材

 

住宅を建てる時に使う自然素材には、次のようなものがあります。

 

・無垢の木

無垢の木は、家づくりで使われる代表的な素材です。

柱や梁などの構造材として使うほか、床や天井などの仕上げ材としても活躍します。

 

施工事例:毎日をトクベツに変える家

 

木そのものの香りや、肌に触れた時のあたたかく優しい質感は、無垢材の一番の魅力。

長い年月の中で、色が変わっていく様子も味わい深いものです。

 

 

・漆喰

世界中で古くから使われてきた壁材の一つが、漆喰です。

石灰を原料とし、外壁だけでなく、室内の壁や天井にも使います。

 

調湿効果、消臭効果も期待できる素材です。

写真では白いクロスと変わらないように見えるかもしれませんが、実際に室内に入ると「質感」の違いを感じます。

素材が違うだけで、しっとりと落ち着いた上質な空間になります。

 

施工事例: 漆喰と洋瓦のサスティナブルなお家

 

 

・い草(畳)

畳も、自然素材ですね。

調湿作用や断熱効果だけでなく、断熱効果、抗菌作用も期待できる素材です。

い草の持つ独特の香りには、リラックス効果もあるそうですよ。

 

施工事例: 「ふつう」から生まれる美しい家

 

 

建物の外部で使う素材にも、自然由来のものがあります。

それが「屋根瓦」です。

瓦は耐久性が高く、塗り直しなどのメンテナンスの手間がかかりません。

 

施工事例:無垢に囲まれた家族団欒の家

 

 

 

自然素材のメリット

 

・温かみのある質感、風合いがある

無垢の床は、裸足で触れるとさらっと心地よく、冬でも温かみを感じます。

漆喰の壁は温かみのある風合いで、ビニルクロスの壁紙ではこの質感を出すことはできません。

家の居心地を気持ちよくしてくれるのが、自然素材の持つ一番の魅力ではないでしょうか。

 

施工事例: 中庭と無垢のキッチンがある家

 

 

・調湿作用が期待できる

無垢の木、漆喰や珪藻土などの壁材に共通する特徴は、調湿作用です。他に、消臭作用や断熱効果なども期待できます。

エアコンや除湿機を使わなくても、室温や湿度を快適に保ってくれるため、環境にも人体にも負担のない家づくりが叶います。

 

 

・経年変化が味わい深い

どんな材料でも、時間とともに古くなっていきますよね。

しかし、自然素材の場合は、その変化が劣化ではなく「味わい」だと感じられるのが素晴らしいところだと思います。

 

例えば、無垢の木は、だんだん色が飴色に変化していきます。傷がついても、合板フローリングのように中のベニヤが見えることはないので、傷もあまり気になりません。

古くなっても、素材の良さが失われないのがメリットですね。

使い込むほどに味わいを増す。それは「経年美化」という考え方なのです。

 

施工事例:笑顔が咲く まっしろな家

 

 

 

自然素材のデメリット

 

・コストがかかる

自然素材を使った材料は、そもそも材料が高かったり、施工に手間や時間がかかったりすることから、新築する時にコストがかかります。

 

全体のバランスを見ながら、予算組みをしていく必要はあるかもしれません。

しかし、自然素材は古くなっても味わいがあり、長持ちする素材です。いずれ張り替えや塗り替えの必要がある一般的な素材と比べると、長い目で見れば大きなコストの差が出ない可能性もあります。

 

 

・大きさや色が揃わないこともある

新建材など人工的に作った材料は、サイズも色も画一的に揃えることができます。しかし、自然の材料は、どうしても色や大きさにバラツキが出てきます。

また、完成後も乾燥や温度変化の影響を受けて、漆喰の壁にひび割れができたり、無垢板フローリングが収縮したりするなどの不具合が出てくることがあります。

 

画一的なものを求める方にはデメリットかもしれませんが、これを味わいと感じる方にはおすすめできる材料です。

 

 

・色、柄などのバリエーションが少ない

無垢板も漆喰も、素材そのものの色味を生かすことが、一般的です。

アクセントクロスのように目立つ色にしたい、ストライプや花柄などの模様を入れたいといったご希望にはこたえにくいのが自然素材です。

 

アクセントを付けたい時は、照明で陰影をつけたり外の風景を取り込んだりする工夫がおすすめです。

 

 

 

まとめ

時間とともに家になじみ、なんとも言えないあたたかさをもたらしてくれるのが自然素材の魅力です。乾燥による収縮や割れなどは、しばらくすると落ち着いてきますし、簡単に補修することもできます。自然素材のこうした特徴も知った上で採用すると、後悔のない家づくりになるでしょう。

素材について気になることがありましたら、ぜひ気軽にお問合せください!

 

 

 

 

 

 

▼ハスカーサの施工事例をもっと見たい方はコチラ

 

▼ハスカーサの家づくりがわかるカタログプレゼント!

東京都・埼玉県・千葉県に複数のモデルハウスがございます。

お近くのモデルハウスへぜひ一度お越しください!皆様のご来場心よりお待ちしております。

最新のブログ記事

女性スタッフ 笑顔 アイコン 女性スタッフ 笑顔 アイコン

CONTACT

tel.0120-921-969 tel.0120-921-969

© 2021 Global Home Inc.