« 2018年08月 | メイン | 2018年12月 »

2018年10月 アーカイブ

2018年10月13日

災害公営住宅を訪れてみて

みなさんはじめまして!
HaScasaの設計へ異動してきました松澤です!


私は約4年程、現場監督としてグローバルホームのより良い家づくりに携わってきましたが、 これからは設計者としてさらに良い住宅を作っていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします!

 

さて、自己紹介はこのくらいにさせていただきまして、早速初ブログを書込みさせていただきます!

私は今年の夏季休暇中に、福島県の矢吹町にある災害公営住宅を見に行ってきました。

 

まずはじめに災害公営住宅を簡単に説明させていただきます。

 

災害公営住宅とは災害で家屋を失い、自力で住宅を建てることが困難な被災者のために、地方公共団体が国の補助を受けて建てられた住宅になります。

近年では熊本で起きた地震や西日本豪雨といった災害が記憶に新しいですが、その都度ニュース等でよく耳にされているのではないでしょうか?

 

その中でもここは、2011年に起きた東日本大震災の際に建てられたもので、復興に向けて新しいまちづくりの活力になるべくシンボルとなるようにとデザインされています。

 

今回私が訪れた災害公営住宅は、「矢吹町中町団地」の第二団地という集合住宅を見に行きました。

ここは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているところになります。

 

まずは、現在の外観から

180823-02.jpg 180823-03.jpg 180823-04.jpg

どうでしょうか?

私たちがイメージをする災害公営住宅とは違った印象を受けると思います。

 

また外観だけでなく集合住宅の敷地内には各住戸につながる遊歩道があり、住まれる人が楽しく生活ができるような工夫がされているように感じました。

180823-05.jpg 180823-06.jpg 180823-07.jpg

今までの災害公営住宅だとコストや工期を最優先し、とても機械的な建物が建築されてきていました。

 

しかし、調べてみると他の地域でもユニークでこだわりのある、「住む人のことを考えた」建物が建てられ始めているようですね。

 

私たちが携わっている一戸建ての住宅作りも含めてもそうですが、建物には必ず利用する人がいます。

 

その人のことを考え、安全で楽しく生活のできる住宅を生み出していきたいと思った夏休みでした…

 


 

   

ハスカーサの展示場や施工実例も
ぜひご覧ください。

 

Blog_HP_31jiturei_button.jpg
ブログ村に登録しています。クリックするだけですので、ランキングクリックのご協力をお願いします。
 
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ

 

資料請求 施工ギャラリー お客様の声 商品ラインナップ 展示場・ショールーム
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
エコ住宅 ブログランキングへ
応援クリック ↑ をお願いします
  

2019年06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のエントリー

カテゴリー