お知らせお知らせ

>>一覧に戻る

2020.05.27

リモートワークのアイデアをご紹介


 

 

テレワーク・在宅勤務が推奨されている今日この頃ですが・・・

 

 

自宅で仕事ができるスペースや部屋を検討する方も増えてきているように感じます。

 

 

働き方の一つとして、在宅ワークスタイルが広がりつつありますね。

 

 

リモートワークをしてはいるものの、「場所がない!」なんてことありませんか?


「自宅リビングで、家族に気を使いながら仕事を・・・」
「家族が映らないように上手くカメラを調整して、ZOOMで会議に参加・・・」

 

 

新築でマイホームを建てる時にワークスペースや書斎などの家でリモートワークができる

 

 

環境が欲しいと考える方が多いのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は、ハスカーサのスタディーコーナー・SOHOをたっぷりご紹介したいと思います!

 

 

 


 

   スタディーコーナー編 
 

 



ダイニングの一角や階段の途中、2階ホール等、家族との共有スペースに

 

面しているところにある空間を今回はスタディーコーナーとして紹介いたします。



各写真をクリック・タップするとハスカーサの施工実例ページにジャンプしますので、

 

気になった写真があったらぜひ施工実例ページもご覧ください。

 

 


 

 
 
 
スキップフロアにして少し広めに床を設けることで、
 
本棚を併設したりカウンターをピッタリ収めたり、
 
注文住宅ならではの空間に。
 
 
 
こちらはホール等にスタディーコーナーを設けたお住まい。
 
2枚目のお住まいは中庭に面した気持ちのいい陽だまりの空間と、
 
ピスタチオカラーがアクセントとなったスタディーコーナーが横並びに。
 

 

   SOHO編 

 

 

 

SOHO・・・ソーホーと呼びます。
 
 
スモールオフィス・ホームオフィスの頭文字を取ってソーホーです。
 
 
 
もっと噛みくだいて言うと「書斎」でしょうか。
 
 
 
自宅の中に集中できる空間があると、テレワークも捗りますよね。
 
 
 
こちらも写真クリック・タップで詳細ページにジャンプします。
 
 
 
こちらのお住まいは爽やかで清潔感たっぷりな白ベースの空間。
 
リビングと階段ホールどちらからもアクセス可能で、2人ゆったり並んで作業ができます。
 
 

こちらはリビングの背面に少し段差をつけて籠り部屋のような形でSOHOを設けています。

 

床や壁の色を変えることで落ち着いた雰囲気に。

 

 

こちらは3帖ほどの、まさに”書斎” 仕事も趣味も没頭できる空間。

パンチの効いたアクセントクロスがセンス◎です。

 


 
 
ここまでは、ハスカーサの実際に施工させて頂いた実例をご紹介してきました。
 
 
次は、ワークスペース、書斎などを作るメリット・デメリットをご紹介します!
 

 

   ワークスペースを作るメリットは? 

 

 

 

 

■ワークスペースを作るメリット

 

 

・家にいながら、仕事に集中できる

 

・リラックスできる環境が確保できる

 

・プライバシーが確保できる

 

・気を遣わずに趣味などを楽しめる

 

・個人の書類がリビングなどに散乱しない

 


 

 

SOHOのような個室型のワークスペースは家族に気を遣わずに、

仕事に没頭できる最適なスペースです。

 

 

ワークスペースにも、完全な個室型や、リビングの空いているスペースに作ったりと作り方は様々です。

 

 

リビングの空いているスペースに作ると、お子様の勉強机にもなって、キッチンで料理をしながら、

 

お子様の勉強する姿を見守ることができますね。

 

 


 

   ワークスペース作るデメリットは? 

 

 

■ワークスペースを作るデメリット

 

 

 

・使用用途がぶれてしまう

 

・使わずに荷物置き場になってしまう

 

・家族との会話が少なくなる

 

・書斎に篭ってしまい、一人の時間が多くなる

 


 

思い切って、ワークスペースを作ったものの、いつの間にか物置に!?なったり、

 

 

個室型のワークスペースをつくったばかりに、家族とのコミュニケーションが減り、

 

 

室内に篭りがちになってしまったり・・・

 

 

 


 

   まとめ 

 

 

 

新型コロナウィルスをきっかけに、普及しつつあるテレワーク・リモートワーク

 

最近では、電話ボックスのような個室を作れるキットなどが出てきて、

自宅で快適に仕事ができるように整いつつありますが、正直物足りない気がしてしまいます。

 

 

注文住宅でしたら、好きな広さで自分だけのワークスペースが作れます。

仕事をするも良し、個室で自分の趣味を楽しむのも良し、

子供が勉強のために使っても良し、と使用用途は様々です。

 

 

是非、この機会に注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

HaScasaでは営業だけではなく、設計士とも相談することが可能ですので、

間取りや要望で不安なことがあれば、

いつでもご相談ください。もちろん、無料ですので、お気軽にどうぞ!

 

素敵な住まいづくりを一緒に進めて行きましょう!

 

 


 

 

 

 

 

 

  • HaScasa×zeh
  • 設計スタッフブログ
  • 営業スタッフブログ
  • HaScasa channel